株の損切りの基本的な考え方

株の売買をしていると、自分が方向性や銘柄を間違っていたために損切りをする羽目になることがあります。有名なトレーダーや投資家など損切りなどしないと思っている初心者も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

初心者の投資家の方に心がけていただきたいのは、自分の証券会社の残金を減らさないということです。どんな有名な投資家や相場師でも最低限の心構えとして自分のお金の残金が少なくなるのだけは避けたいと考えているのです。なぜなら、投資は利殖という言葉に代表されるようにお金を増やすことが目的なのであり、減らしてしまったら元も子もないからです。ですから、よく勝率等を改善したいという投資家さんがいますがはっきり言えばナンセンスです。

10回の売買で1回しか勝てなかった、でも収支はプラスないしはトントンであれば目的を達成しているのです。しかし、10回の売買で9回勝っても収支がマイナスであれば、勝率が9割でも投資では負けているのです。

どんなに有名な相場師や投資家でも損切りは掛け捨て保険に入っている、または必要経費と割り切ります。ですから、株式投資をするうえで損切りは必要不可欠なものと考えればいいのです。損切りなくして株式投資での成功はありません。

損切りを少なくする方法

それでも、損切りをしたくないという人は大勢いらっしゃると思います。損切りの回数を減らすためには、中長期の予測に基づき投資することです。

たとえば、あなたの身の回りに品性がなく不法なことばかりをしているお金持ちがいるとします。直感的にこの人の将来はどうなると思いますでしょうか?「儲かっているのは一時的で将来的にはお金を失くす」と思うのが普通の感覚だと思うのです。

しかし、その人がいつ没落するかの予想などできないし、見当もつかないというのがみなさんの通常の感覚だと思います。

つまり、人間は人としての将来性は温和であるとか、いつも笑顔を絶やさず人の役に立っている人間の将来は明るく感じ、その逆は大体暗いと直感で思う能力がある反面、短期的に予想できないというのが人間の能力の限界です。

株式投資でも短期のことはほとんどわからないのに、長期の予想は当たるという人は大勢いると思います。つまり、元来、人間というのは短期の予測には全く以て不向きな性向の性質を持っているということになります。

ですから、初心者からいきなり短期売買で儲けようと思っても、成功の可能性は異常なほど低くなるということは理解できるはずです。

将来性が全く見えない短期売買は飛躍的に損切りの確率も高くなるので、損切りをしたくなければ中長期の予測に基づき投資をするのが賢明な判断になります。

損切りする理由

株式相場の値段は絶対的に正しい、という専門家によく出くわします。確かにマーケットの値段というのは非常に合理的な価格性質をもっており、たいていの場合は正しいケースが多いです。

しかし、バブル期や大恐慌期はたいていの場合、マーケットの価格は間違っています。そのため、いつでもマーケットの値段は正しいなんてことは絶対に言えなくなるのです。

つまり、マーケットには数多くの生半可な知識でマーケットを語っている方があまた存在するため投資家を惑わせるのです。マーケットの権威なんて威張っているのがおかしいのです。

つまり、あなたがまともな人間で、道徳や法律に照らし合わせて「他人から」あなたが言うなら間違いがない、と思われることが損切りを少なくする唯一の方法であると私は信じて疑いません。

前の項でも言いましたように、長期的には人間には将来を予見する力があるのです。それは自分の人生経験に基づきこういう人は成功するケースが多い、少ないと判断するのです。

株の損切りは人生の失敗と同じと割り切る

誰でも長い間生きていれば、必ず失敗はあるものです。負けず嫌いな人間はその失敗を糧に今度は絶対に失敗しないように生きるものですが、失敗慣れしている方というのは、また今度がんばればいいや、と割り切る方が多いのです。

多くの人生教訓にもあるように、失敗は成功の糧です。失敗したときに深い反省をして次に活かせる自分なりの方法論を確立する必要があります。

負け癖がついている方は何度も同じ失敗をして初めて反省する方がたくさんいらっしゃいます。失敗というものの原因を、根底から何がいけないのかを考え、次の失敗は前回の失敗よりも前進しなければいけません。

株式投資でも一緒のことです。失敗は誰にでもあるのですから、同じことをしないように自分を戒めることが一番大切です。

しかし、普段の行動や心理状態も失敗を気にしないという方は普段の生活も変えていかなければ多分、株式投資でも普段の生活と同じことをするでしょう。つまり、株式投資というのは自分の人生の縮図なのです。

損切りをしないようにするための早道は自分の普段の行動を変えることが早道になります。損切りは誰でも人生を失敗するように、避けられないものと考えれば損切りを極端に恐れる必要はないのです。ただし、失敗である損切りに慣れるということだけは絶対にしないようにしてください。

Sponsored Link