株を始めたい方

資金が100万円の時の株の投資法

株投資を始めるにあたり投資金を約100万円と設定した場合、売却益を狙った投資ができますし、株主優待や配当金を目的とした投資もできます。

どのように投資できるか、どんな銘柄を狙えるか、投資法に沿って具体的に説明しますので、以下ご覧ください。

続きを読む

資金が10万円の時の株の投資法

投資初心者の方が10万円ほどの少額で株投資を始めようとしているならば、投資金10万円の範囲でできる投資手法を考える必要があります。もし、会社員として働いているのであれば、まずは少額投資から始めて株式市場の動きを体感したい方が大半ですよね。

10万円の資金から始める場合、売却益・配当金・株主優待を狙って取引手数料無料の松井証券で株の売買を始めるのが最善です。以下、順を追って理由を見ていきます。

続きを読む

株を少額投資から始めてみる

株投資で資産運用を始めたい、だけど高額の株を買うのは恐い。そう考えている株初心者の方も多いのではないでしょうか。

安心してください、株投資は少額から始められます。今回、株投資における少額投資の方法、そして少額投資に最適な証券口座をご紹介します。

続きを読む

株のデイトレード

デイトレードとは、買った株式を必ず当日中に売って、取引時間中これを繰り返し行う手法をいいます。取引は1回に限らず、複数回実施することは珍しくありません。薄利を積み重ねることで結果的に多額の利益を獲得することを目指す取引です。

続きを読む

株のスイングトレード

スイングトレードとは、比較的短期の数日間(長くても3週間程度)のうちに取引を完結させる手法のことを指します。スイングトレードは少なくとも1日以上買ったものを持ち越すことから、1日に取引を完結するデイトレードとは区別されています。

スイングトレードは比較的短期の取引手法ではありますが、スイングトレードのメリット・デメリットがあり、それを正しく理解したうえで取引に臨む必要があります。

続きを読む

長期投資

長期投資は数年間にわたって株を保有し続ける投資手法のことをいいます。明確な期間が決まっているわけではないですが、少なくとも3年以上の株式保有をしていないと長期投資とはいえません。長期投資は株価の上下動に一喜一憂しないで、企業業績の向上から生まれる株価上昇の好循環をじっくりと待つタイプの投資スタイルです。場合によっては数十年持ち続けることで成果を出すタイプの投資家もいます。

続きを読む

株のスキャルピング

スキャルピングとは、短期間で最小の値幅でも利益を確定してそれを何度も繰り返す取引の手法をいいます。主にデイトレードで用いられる手法で、小さな利益を積み上げることで最終的には資産を持ち続けるよりも大きな利益を得ることを目標とするものです。

数ある投資手法の一つと言えますが、その特殊性からどのような取引手法なのかを十分に検討してから、自分の取引手法として使えるかを検討しておく必要があります。

続きを読む

株を買うと下がる原因と究明

昔から自分が株を買うと必ず下がるという投資家はいつの世にも存在します。そういう投資家は、必ず共通項があります。

間違いないのはその投資家は株を買って、その株を損切りせざるを得なくなったからこういった「自分が株を買うと株が下がる」というのです。上がると思った株が下がる現象は、いざ目の前にすると不思議な気持ちになるものです。

今回はこの原因について究明していきたいと思います。

続きを読む

証券会社の選び方

株式投資を始めるためには、まず証券会社に証券口座を開設しなければなりません。

日本証券業協会が発表したデータによると、2016年3月末時点で日本証券業協会に加盟している証券会社は254社ありますが、初心者にはどの証券会社に証券口座を開設すればよいかわかりにくく、また各証券会社が独自に展開しているサービスの良し悪しを見極めるのも困難です。

そこで今回は、それぞれの特徴やサービス内容から証券会社を比較・検討し、初心者が証券会社を選ぶ際のポイントをわかりやすく紹介します。

続きを読む

株の損切りの基本的な考え方

株の売買をしていると、自分が方向性や銘柄を間違っていたために損切りをする羽目になることがあります。有名なトレーダーや投資家など損切りなどしないと思っている初心者も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

初心者の投資家の方に心がけていただきたいのは、自分の証券会社の残金を減らさないということです。どんな有名な投資家や相場師でも最低限の心構えとして自分のお金の残金が少なくなるのだけは避けたいと考えているのです。なぜなら、投資は利殖という言葉に代表されるようにお金を増やすことが目的なのであり、減らしてしまったら元も子もないからです。ですから、よく勝率等を改善したいという投資家さんがいますがはっきり言えばナンセンスです。

10回の売買で1回しか勝てなかった、でも収支はプラスないしはトントンであれば目的を達成しているのです。しかし、10回の売買で9回勝っても収支がマイナスであれば、勝率が9割でも投資では負けているのです。

どんなに有名な相場師や投資家でも損切りは掛け捨て保険に入っている、または必要経費と割り切ります。ですから、株式投資をするうえで損切りは必要不可欠なものと考えればいいのです。損切りなくして株式投資での成功はありません。

続きを読む