株を始めたい方

株式投資におけるボリンジャーバンドの使い方

株やFXのチャートを分析するテクニカル指標の一つにボリンジャーバンドと呼ばれるものがあります。数あるテクニカル指標の中でも多くの投資家に利用されているボリンジャーバンドですが、株式投資においてはどのような使い方をするのでしょうか。見方をそれぞれ見ていきます。

続きを読む

ROE(株主資本利益率)について

ROEとは、ReturnOnEquityの略で、日本語では株主資本利益率または自己資本利益率と呼ばれるものです。

会社が事業活動に使用する総資本は、株主が出資した株主資本(自己資本)と銀行からの借入金や社債による調達分等(他人資本)に分かれます。

そのうちの株主資本に対する当期純利益の割合を表しているので、つまりは会社がどれだけ株主資本を効率的に使用し、利益を上げたかを判断するわけです。

株主にとってみれば、自分たちの投資資金が上手に使われて、採算がとれているかどうかの収益性を計る指標になるということです。

続きを読む

株の積立で少額から資産運用

「アベノミクス」によって大きく上昇していた日本の株式市場ですが、中国経済の失速などにより今年に入り約20%下落するなど、予断を許さない状況が続いています。

また、株価の下落によって年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用損が拡大し、将来的に年金給付額が減る可能性があるとの認識を示されるなど、将来の年金に対する不安がさらに増大するようなニュースも報じられています。

このような状況が続いていることから、少しでも老後の資金を蓄えるために株式投資を始めようと考えている人も多いと思いますが、株式投資を始めるにはまず株式の購入資金としてある程度まとまったお金が必要となります。

またここ最近、激しく相場が動いていますが、日々大きく変動する株価を見ながら売買のタイミングを見極めるのは、初心者にとって非常に困難です。

しかし、そんな初心者にも簡単に始められて、リスクを抑えて資金を貯めることができる「積立投資」という投資方法があるのをご存じでしょうか。

続きを読む

ローソク足チャートの読み方・使い方

株式投資をするのであれば株価を示すチャートを読める能力が必要です。現在証券会社で見られるチャートのほとんどがローソク足チャートです。まずはローソク足の基礎を押さえることが株式投資上達への近道だといえるでしょう。今回はローソク足の基本的な読み方・使い方についてご説明します。

続きを読む

株の配当について

配当とは、会社が株主に対して純利益の中から定期的に分配するお金のことを指します。一般的に配当金額は会社の利益水準によって変動するので、配当金が株価の2%を超えるような会社もあれば、ずっと配当金を出さない会社もあります。

株主がもうけるためには株価上昇によるキャピタルゲインを狙うか、配当金を定期的にもらっていくインカムゲインを狙うかのどちらかになります。

株式投資初心者の方がインカムゲインを深く知ることで、株が上昇しなくても持ち続けているだけで預貯金と比べれば長期的に大きな利益を獲得することも可能になります。配当に注目して投資することが最終的なリターンにつながるか、という点については最後に触れたいと思います。

続きを読む

株式投資におけるテクニカル分析

株式投資をする際の銘柄選びの分析手法として、経済情勢や個別銘柄の財務状況、将来性などを分析するファンダメンタルズ分析と並んで代表的な方法としてテクニカル分析があります。テクニカル分析はどのようなもので、どのように株式投資に活用することができるのでしょうか?

続きを読む

安い株の見極め方

「何故、資産の運用をするのか?」これから株式を始めようとしている人が考えるべきことですよね。

よく株式初心者が始める理由として、「勉強の為」という言葉を良く聞きます。ただ、そういう人に限って、何故かあまり株式について勉強しておらず、損失を抱えてしまう人が多いです。

しかし、いざ知識を身につけようと思っても、情報がありすぎて、どれを参考にしていいのか分からず、断片的にかき集めた知識を基に、株式を始めてしまう人が多いと思います。たとえば、インターネットで調べてみても、株式についての知識、情報が乱雑に溢れている状況です。

断片的な知識を集めただけでは、勉強したとは言えません。このサイトは、これから株式投資を始めようとする人に対して、投資をする前に心得ておくべきことを中心に論じております。

まずは、「確実に儲かる方法はない」ことを強く認識するべきです。「それなら株式はやめるべき」と考えるでしょう。当たり前ですよね。儲からないからやらない。この考え自体は自然です。

残念ながら、短期間で確実に儲かる方法はありません。しかし、「長期的に投資した結果、預金よりも儲かる可能性が高い」という方法はあります。

これは、1株300円以下の低位株に投資する方法です。

続きを読む

株式投資におけるファンダメンタルズ分析

株式投資において、対象の銘柄を購入するかどうかの投資判断としてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの方法があります。特に投資初心者にとってどのように分析をして、それらの分析をどのように投資判断に活かしていくと良いのでしょうか。

今回は、中長期的な視点での投資判断に利用されるファンダメンタルズ分析に絞って説明していきます。

続きを読む

株のスクリーニング

スクリーニングとは取引の対象銘柄を決めるために、配当利回りなどの条件を設定してそれに合致する銘柄に絞り込むことをいいます。株式投資は日本株だけをとっても数千銘柄にもなります。ひとつひとつ検討していくことは限りある時間の中では難しいものです。検索条件を設定して条件に合わない銘柄ふるい分けすることで、購入する銘柄の候補を絞ろうということです。

スクリーニングを実施すると配当利回りを上位から並べてくれるので、一気に銘柄の選別が進みます。このように、投資に対する時間コストを劇的に向上させてくれるスクリーニングが投資をする上で必須の技術となります。

業績などの分析を重視したい投資家はファンダメンタルズ指標に特化すればいいですし、業績よりも値動きのパターンなどで利益獲得を目指す投資家はテクニカル指標をスクリーニングの中心に据えると良いでしょう。

続きを読む

証券会社の口座開設方法

初心者の個人投資家のみなさんは、口座開設する証券会社を最初に決めなくてはなりません。証券会社は大きく「ネット証券」「総合証券」に分かれます。

ネット証券はパソコンやスマートフォンなどから取引を行うもので、総合証券はリアル店舗の営業担当と相談しながら取引を行う形になっています。

また、取引対象を現物株に限るのか、資金を借りながら大きな額を運用する信用取引まで対象を広げるかによっても選択する証券会社が変わってきます。

当ページでは、証券会社の口座開設の概要を解説していきます。別ページで各ネット証券の口座開設方法を紹介していますので、そちらもあわせてご覧ください。

>> 松井証券の口座開設方法
>> ライブスター証券の口座開設方法

以下では、口座開設に至るまでの流れを説明します。

続きを読む