株を始めたい方

IPO株の儲かる買い方「初値買い」

2015年11月4日、NTTに次いで史上2番目の規模となった日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)が新規上場したことをきっかけに、IPO市場が盛り上がりを見せています。

IPO(新規公開株)の魅力は大きな利益を狙える可能性があることです。IPOでは、上場後最初に約定した価格である「初値」が当初の売り出し価格である「公募価格」を大幅に上回るケースも多く、公募で手に入れることができた投資家は、初値で売却すれば少ないリスクでなおかつ短期間で売却益を得ることができます

>> IPO株に当選した場合に初値で売る方法はこちら

また短期的な利益だけでなく、たとえばヤフー(4689)やファーストリテイリング(9983)、そしてセブン&アイ・ホールディングス(3382:旧セブンイレブン・ジャパン)のように大きく成長した銘柄を新規上場時に購入して長期保有することができれば、億万長者になれる可能性もあります。

このようにIPO投資は大きな利益を狙えることから、有望な銘柄は極めて人気が高く、公募価格で買うことができるのは高倍率の抽選に当選した投資家のみですが、抽選配分から漏れた場合でもあきらめる必要はありません。「セカンダリー投資」によって、公募価格で手に入れた投資家以上に大きな利益を得るチャンスがあるのです。

続きを読む

株のナンピンの買い方

株式投資の初心者でも、「ナンピン」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

ナンピンは漢字で「難平」と書きますが、「ピン(平)」は唐音で、「難」(困難、難儀)を「平」らにする(平均化する)という意味で江戸時代中期の米相場において広く使われていました。

多くの株式関連サイトや書籍で「ナンピン買いは絶対やってはいけない」というフレーズをよく目にしますが、ナンピン買いは古くからある投資手法で、機関投資家などのプロでもナンピン買いをしている人はいます。

間違ったナンピン買いはやってはいけませんが、正しい使い方をすれば損失を軽減する有効な手段となります。今回はナンピン買いについて、メリットやデメリット、正しい使い方などを見てみたいと思います。

続きを読む

株の成行(成り行き)注文の買い方

株を購入・売却していくうえで気になるのは、「成行(成り行き)注文」「指値注文」のどちらで売買を行えばいいかということです。

今回の記事ではそれらの違いについて見ていくとともに、成行注文に焦点をあてて、その利点や欠点、使うべきタイミングなどについて見ていくことにしましょう。

続きを読む

株初心者のための移動平均線活用方法

移動平均線は、株式の売買タイミングをはかるテクニカル指標の代表的なものであり、他のテクニカル指標の基礎となるものでもあります。移動平均線は理解がしやすく初心者から上級者まで多くの投資家に利用されています。

続きを読む

一日に株は何回売買できるのか

デイトレーダーとして、複数の画面を見ながら注文をさばき利益を積み重ねるというのは投資家にとって一度は夢見る情景ではないでしょうか。デイトレーダーは頻繁に売り買いを繰り返すので、実際どれぐらいまで取引回数を積み重ねられるものなのか、ということについて考えてみましょう。

カリスマデイトレーダーと呼ばれるような人たちは実際の取引の動画を公開していたりしますが、その境地になるまでには数えきれない勝利を積み重ねていかなくてはなりません。

実際のところ、1日の株の売買回数はどれぐらいまで積み上げていけるものなのでしょうか。

取引の早いデイトレーダーは買いを入れた後1分もしない間に決済の売りを出していたりします。1日の取引時間の合計4時間半で1分に1取引とするとなんと270回の取引となります。

実際のところ、どこまで取引回数をこなすことができるものなのでしょうか。それを考えるにあたってはいくつかの取引にまつわる制約についても知っておく必要があります。

続きを読む

ミニ株で始める株式投資

「老後の資金を蓄えるため」あるいは「日々の生活の足しにしたい」などの理由で、株式投資を始めたいと考えている人は多いと思います。

株式投資を始めるためには、まず証券口座にある程度まとまったお金を用意する必要がありますが、「ミニ株」というサービスを利用すれば、最初にまとまったお金を用意する必要もなく、小額の資金から株式投資が始められ、これまで株式投資の経験がない初心者でも気軽に始めることができます。

今回はこの「ミニ株」について詳しくご紹介していきます。

続きを読む

違法な株の売買について

車を運転する上では、交通ルールがあり、仕事をする中では、会社の規則があります。どちらも守らなければ、運転や仕事に支障をきたしたり罰則を与えられたりします。

同様に株の取引をするうえでは、さまざまな禁止されている投資方法や制約があります。ニュースでも取り上げられているように違法性のある取引を行った場合には、初心者・プロ関係なく罰金刑や懲役刑が科されることになるため、十分理解しておく必要があります。

健全な株式取引の為、それらの禁止事項や制約について説明していきます。

続きを読む

株の売買でアプリを利用する

外出先などでパソコンを使えない環境でもスマートフォンがあれば、株価やマーケット情報をリアルタイムで確認して、注文したいタイミングで注文を出すことができるようになりました。今回は、スマートフォンで利用できる株取引のアプリの機能や、各ネット証券の株取引アプリの特徴についてお伝えします。

続きを読む

株の逆指値注文の買い方

逆指値注文とは、価格が上昇して、指定した値段以上になれば買い、価格が下落して、指定した値段以下になれば売る、というものです。通常株は安い時に買い、高い時に売るものですが、逆指値注文はどのような状況で利用するものなのでしょうか。

続きを読む

初心者の資金が1万円の時の株の投資法

株式投資をやりたいとは思っているものの、二の足を踏んでいる人の中には、株式投資に必要な最低額を知って諦めた、という経験を持っている人も多いのではないでしょうか。たとえば、ユニクロで有名なファーストリテイリングの株を購入しようと思えば、300万円以上の資金が必要になります。最低必要な資金が300万円以上と聞くと、株式投資はお金持ちにしかできないものだ、というイメージを持ってしまうことでしょう。

しかし、今回お伝えする方法を知れば、1万円からでも株式投資を始めることができます。

続きを読む