株の売買方法

未成年の株の買い方

金融先進国といわれるアメリカでは、子供のうちから学校で株式投資を学ぶ機会が設けられるなど、投資に対する意識は高く投資教育文化が根づいています。

日本でも、子供に株式投資を経験させて早いうちから経済に興味を持ってもらおうと考える家庭は増えてきていますが、まだまだ「投資は大人がやるもの」という考え方が根強く、現状では子供のうちから投資教育を受けることへの理解は十分に進んでいません。

ニッポン放送株の買い占めやライブドア事件で一躍有名になった村上ファンドの村上世彰氏は、父親に投資教育を受けて小学生の頃から株式投資を行っていましたが、こうした家庭はごく少数です。

日本では、2014年1月から個人投資家の資産作りを促進するために少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」が始まりました。毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、そこから得られた利益が最長5年間非課税となる制度ですが(2016年より非課税投資枠は120万円に増額)、いよいよ2016年4月から未成年を対象とした少額投資非課税制度「ジュニアNISA」が開始されることもあり、各証券会社は未成年口座の開設に力を入れてきています。

このジュニアNISA開始をきっかけに、未成年の株式投資に対する関心が高まっており、株式投資を通じて子供に経済や社会の仕組みについて教育したいと考えている家庭も多いのではないでしょうか。

若いうちから株式投資をすることは、経済やお金の流れを学ぶことができます。以下では、未成年の株の買い方について見ていきます。

続きを読む

証券会社の口座開設方法

初心者の個人投資家のみなさんは、口座開設する証券会社を最初に決めなくてはなりません。証券会社は大きく「ネット証券」「総合証券」に分かれます。

ネット証券はパソコンやスマートフォンなどから取引を行うもので、総合証券はリアル店舗の営業担当と相談しながら取引を行う形になっています。

また、取引対象を現物株に限るのか、資金を借りながら大きな額を運用する信用取引まで対象を広げるかによっても選択する証券会社が変わってきます。

当ページでは、証券会社の口座開設の概要を解説していきます。別ページで各ネット証券の口座開設方法を紹介していますので、そちらもあわせてご覧ください。

>> 松井証券の口座開設方法
>> ライブスター証券の口座開設方法

以下では、口座開設に至るまでの流れを説明します。

続きを読む

株の損切りの基本的な考え方

株の売買をしていると、自分が方向性や銘柄を間違っていたために損切りをする羽目になることがあります。有名なトレーダーや投資家など損切りなどしないと思っている初心者も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

初心者の投資家の方に心がけていただきたいのは、自分の証券会社の残金を減らさないということです。どんな有名な投資家や相場師でも最低限の心構えとして自分のお金の残金が少なくなるのだけは避けたいと考えているのです。なぜなら、投資は利殖という言葉に代表されるようにお金を増やすことが目的なのであり、減らしてしまったら元も子もないからです。ですから、よく勝率等を改善したいという投資家さんがいますがはっきり言えばナンセンスです。

10回の売買で1回しか勝てなかった、でも収支はプラスないしはトントンであれば目的を達成しているのです。しかし、10回の売買で9回勝っても収支がマイナスであれば、勝率が9割でも投資では負けているのです。

どんなに有名な相場師や投資家でも損切りは掛け捨て保険に入っている、または必要経費と割り切ります。ですから、株式投資をするうえで損切りは必要不可欠なものと考えればいいのです。損切りなくして株式投資での成功はありません。

続きを読む

逆日歩について

信用取引をしていると逆日歩(ぎゃくひぶ)という言葉をよく耳にするようになると思います。ところが、具体的にどういうことを意味しているのか分からなくて疑問に思われている人も多いでしょう。

ここでは、信用取引を始める前に知っておきたい逆日歩の基礎知識について、投資初心者の方でもわかるように解説します。

続きを読む

追証について

信用取引について知っている人なら追証(おいしょう)という言葉を聞いたことがあるかと思います。「追証が発生すると危険だ」という話を聞いたことはあっても、具体的にどういう危険があり、それに対処するにはどうしたら良いのかという疑問を持たれている方も多いでしょう。

ここでは、追証が発生した場合にやるべきことと対処方法について、投資初心者の方でもわかるように解説します。

続きを読む

信用取引について

株式投資の経験がなくても、「信用取引」という言葉を耳にしたことがある人はいるかと思います。「自分の信用で取引する投資」というのはなんとなく分かるとしても、「具体的にどんな取引だろう?」と疑問に思うはずです。ですが、これから信用取引を始めようと考えている人が、よく知らずに始めるのはリスクを伴うことです。

そこで、信用取引を始める前に知っておきたい基礎知識について解説します。

続きを読む

現物取引について

株式投資の専門用語は普段聞きなれないものが多く、投資経験がない方には理解するのが難しいものばかりです。一方で、実際に取引を始める際には、正しい知識がないと戸惑うこともあるでしょうし、知らずにリスクをとりすぎる可能性もあります。株式投資のスタイルは大きく現物取引と信用取引の2種類に分類されます。ここでは、投資初心者のために現物取引の基礎知識について解説します。

続きを読む

株の空売りの仕組み

株で利益を出すには、「安く仕入れて高く売る」ことが原則です。そのため、株価に左右されずに企業の本質的な価値を見極め、価値を基準として割安な株を購入し、高く売ることが重要です。一般的には、「安く買ってから高く売る」順番になります。

実は、「高く売ってから安く買う」という逆転の発想で利益を出す方法も存在します。これを「空売り」といいます。

株の空売りを利用すると、投資手法の幅を広げるだけでなく、株主優待を簡単に手に入れる、大儲けができるなどのメリットがあります。下降トレンドでも儲けることができるため、初心者でも活用したい投資手法になります。

投資初心者のために株の空売りの仕組みを解説します。

続きを読む