株の買い方

マネックス証券での株の3つの買い方

「株取引を始めたいけど、具体的にどうやって買っていけばいいか分からない…」という方のために、今回の記事では「マネックス証券」での株の買い方について画像を用いて詳しく説明していきます。

口座開設をし、入金を完了させればあとは取引を始めるだけです。

太い赤字早速詳しい取引方法について見ていきましょう。

まず、マネックス証券での株の買い方として、大きく分けて3つの取引方法があることを知っておきましょう。

  1. マネックス証券のホームページから取引をする
  2. マネックス証券の取引ツール「新マネックストレーダー」から取引をする
  3. マネックス証券のスマートフォンアプリ「マネックストレーダー(Monex Trader)」から取引をする

それぞれで株を売買するまでの過程に違いはありますが、どれも覚えていて損はないでしょう。

続きを読む

カブドットコム証券での株の3つの買い方

「口座は開設出来たけれど、株をどうやって買えばいいかがまだよく分からない…」という方も多いかと思います。

そんな方のために、今回の記事では「カブドットコム証券」での株の買い方について、画像を用いて詳しく説明していきます。

口座開設をし、入金後、どうやって株を買えばいいか、その詳しい取引方法について見ていきましょう。

まず、カブドットコム証券での株の買い方として、大きく分けて3つの取引方法があることを知る必要があります。

  1. カブドットコム証券のホームページから取引をする
  2. カブドットコム証券の取引ツール「kabuステーション」から取引をする
  3. カブドットコム証券のスマートフォンアプリ「kabu.com」から取引をする

続きを読む

株の買い方のコツ

株の取引を実践するときに具体的にどのような視点を投資家は持つといいのでしょうか。様々な考え方がありますが、①分散投資か集中投資か、②ファンダメンタルズ投資かテクニカル投資か、という2点についてスタンスを明確にしておくことが重要です。

続きを読む

IPO株の儲かる買い方「初値買い」

2015年11月4日、NTTに次いで史上2番目の規模となった日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)が新規上場したことをきっかけに、IPO市場が盛り上がりを見せています。

IPO(新規公開株)の魅力は大きな利益を狙える可能性があることです。IPOでは、上場後最初に約定した価格である「初値」が当初の売り出し価格である「公募価格」を大幅に上回るケースも多く、公募で手に入れることができた投資家は、初値で売却すれば少ないリスクでなおかつ短期間で売却益を得ることができます

>> IPO株に当選した場合に初値で売る方法はこちら

また短期的な利益だけでなく、たとえばヤフー(4689)やファーストリテイリング(9983)、そしてセブン&アイ・ホールディングス(3382:旧セブンイレブン・ジャパン)のように大きく成長した銘柄を新規上場時に購入して長期保有することができれば、億万長者になれる可能性もあります。

このようにIPO投資は大きな利益を狙えることから、有望な銘柄は極めて人気が高く、公募価格で買うことができるのは高倍率の抽選に当選した投資家のみですが、抽選配分から漏れた場合でもあきらめる必要はありません。「セカンダリー投資」によって、公募価格で手に入れた投資家以上に大きな利益を得るチャンスがあるのです。

続きを読む

株のナンピンの買い方

株式投資の初心者でも、「ナンピン」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

ナンピンは漢字で「難平」と書きますが、「ピン(平)」は唐音で、「難」(困難、難儀)を「平」らにする(平均化する)という意味で江戸時代中期の米相場において広く使われていました。

多くの株式関連サイトや書籍で「ナンピン買いは絶対やってはいけない」というフレーズをよく目にしますが、ナンピン買いは古くからある投資手法で、機関投資家などのプロでもナンピン買いをしている人はいます。

間違ったナンピン買いはやってはいけませんが、正しい使い方をすれば損失を軽減する有効な手段となります。今回はナンピン買いについて、メリットやデメリット、正しい使い方などを見てみたいと思います。

続きを読む

株の成行(成り行き)注文の買い方

株を購入・売却していくうえで気になるのは、「成行(成り行き)注文」「指値注文」のどちらで売買を行えばいいかということです。

今回の記事ではそれらの違いについて見ていくとともに、成行注文に焦点をあてて、その利点や欠点、使うべきタイミングなどについて見ていくことにしましょう。

続きを読む

株の逆指値注文の買い方

逆指値注文とは、価格が上昇して、指定した値段以上になれば買い、価格が下落して、指定した値段以下になれば売る、というものです。通常株は安い時に買い、高い時に売るものですが、逆指値注文はどのような状況で利用するものなのでしょうか。

続きを読む

NISAの株の買い方

株などの売却益・配当金が非課税になるNISAは、長期投資家をはじめとした多くの個人投資家にメリットをもたらす制度です。上場企業の株式や株式型投資信託のうち、買い付け金額ベースで年間120万円までの利益と配当金を5年間非課税にできます。

このNISA口座の開設手続きとNISA株の買い方についての注意点をまとめました。

続きを読む

株の指値注文の買い方

株を売買するためには、証券会社を通して取引所に注文を出さなければなりません。

株の注文方法は大きく分けて「指値注文」「成行(成り行き)注文」の2種類がありますが、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、注文方法を正しく理解することは株式投資で利益を得ることに直結するといっても過言ではありません。

続きを読む

未成年の株の買い方

金融先進国といわれるアメリカでは、子供のうちから学校で株式投資を学ぶ機会が設けられるなど、投資に対する意識は高く投資教育文化が根づいています。

日本でも、子供に株式投資を経験させて早いうちから経済に興味を持ってもらおうと考える家庭は増えてきていますが、まだまだ「投資は大人がやるもの」という考え方が根強く、現状では子供のうちから投資教育を受けることへの理解は十分に進んでいません。

ニッポン放送株の買い占めやライブドア事件で一躍有名になった村上ファンドの村上世彰氏は、父親に投資教育を受けて小学生の頃から株式投資を行っていましたが、こうした家庭はごく少数です。

日本では、2014年1月から個人投資家の資産作りを促進するために少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」が始まりました。毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に、そこから得られた利益が最長5年間非課税となる制度ですが(2016年より非課税投資枠は120万円に増額)、いよいよ2016年4月から未成年を対象とした少額投資非課税制度「ジュニアNISA」が開始されることもあり、各証券会社は未成年口座の開設に力を入れてきています。

このジュニアNISA開始をきっかけに、未成年の株式投資に対する関心が高まっており、株式投資を通じて子供に経済や社会の仕組みについて教育したいと考えている家庭も多いのではないでしょうか。

若いうちから株式投資をすることは、経済やお金の流れを学ぶことができます。以下では、未成年の株の買い方について見ていきます。

続きを読む