株の選び方

株式投資の基本は「安く買って高く売る」ことです。

株価が安い時に買い、高い時に売って売却益を得ることは株式投資の醍醐味のひとつです。しかし、口で言うほど簡単ではなく、株の将来の値動きの幅や向きは誰にもわかりません。

株式投資初心者にとって取引所に上場している約3,500社の中から将来有望な株を選ぶのは至難の業で、株選びは株式投資で最初にぶつかる大きな壁となります。

そこで今回は、初心者でも簡単にできる株の選び方や、株を選ぶ上での注意点を紹介します。

なじみのある株を選ぶ

株選びで迷ったら、まずは自分になじみのある会社の株から選んでみましょう。

自分になじみのある会社の株であれば、会社の成長性や業績についての予想が立てやすく、その会社についてよく知らない他の投資家より有利な立場にあるといえるからです。

たとえば、ゲームが好きな人であれば、「どのゲームが一番売れているか?」「新しく発売されたゲームの評判はどうか?」など、ゲームに関する情報に詳しいはずです。

また、よく外食チェーン店を利用する人であれば、「あそこのレストランはいつも混雑している」「あそこのファミレスの新メニューは安くてとても美味しい」など、他の人に比べて外食チェーン店の情報についてよく知っているはずです。

自分になじみのある会社の株を選ぶことによって、会社の業績や成長性を分析する上で自分の強みを発揮できます。

生活に密着した企業の株を選ぶ

生活に密着した企業の株を選ぶのも手です。

もし近い将来、世界的な不況が訪れて日本経済が低迷することになったとしても、「不景気だから食べ物を食べるのをやめよう」とか「不景気だから電気を使うのをやめよう」と考える人はいません。

「食料品」や「電気・ガス」「医薬品」など、景気が悪くなっても消費が極端に落ち込むことがなく、収益が大きく減らない会社の株を選べば、株価は安定し日々の株価変動に一喜一憂することもありません。

このような株は一般的に「ディフェンシブ株」と呼ばれていますが、ディフェンシブ株は安定的に業績を上げていることから、高い配当金を出している会社が多いのも魅力のひとつです。

長期的に安定した運用をしたい人は、ディフェンシブ株を選ぶのが良いでしょう。

主なディフェンシブ株

業種 銘柄
食料品 ヤクルト(2267)
日本ハム(2282)
日清食品HD(2897)
医薬品 武田薬品工業(4502)
アステラス製薬(4503)
大日本住友製薬(4506)
鉄道 東京急行電鉄(9005)
東日本旅客鉄道(9020)
東海旅客鉄道(9022)
電気 東京電力(9501)
中部電力(9502)
関西電力(9503)
ガス 東京ガス(9531)
大阪ガス(9532)
東邦ガス(9533)

会社の業績で選ぶ

長期的に見れば、株価は会社の業績に連動し、業績の良い会社の株価は上昇するため、業績の良い会社の株を選べば株価が上昇する可能性は高くなります。

会社の業績や財務状況などから会社が持つ本質的価値に対して、現在の株価は割安か割高かを分析する「ファンダメンタルズ分析」株式投資の王道で、基本中の基本です。

初心者がいきなり業績や財務状況を細かく分析するのは難しいですが、初心者でも簡単にわかる以下のポイントに絞って分析してみましょう。

営業利益が伸びているか

営業利益は、その会社が本業で稼いだ利益であり、業績を見る上で一番重視すべき数字です。売上高が増えていても、会社として利益が出ていなければ意味がありません。業績を見るときには、まず営業利益の伸びに注目しましょう。

赤字会社は除外する

営業利益はあっても、支払い利息が多く経常利益が赤字になるケースもあります。大きな赤字や慢性的な赤字が続いている会社の株は選択肢から除外した方が無難です。

PER15倍以下の株を選ぶ

PER(Price Earning Ratio)とは株価収益率のことをいい、株価と会社の収益力を比較することにより割安か割高かを判断する際に利用する指標です。

PER(株価収益率)=株価÷1株あたりの利益

一般的に、PERが高ければ株価は割高で、PERが低ければ株価は割安だと判断されますが、PER15倍以下の割安水準にある株を選ぶのがよいでしょう。

PBR1倍以下の株を選ぶ

PBR(Price Book-value Ratio)とは株価純資産倍率のことをいい、その会社の時価総額が会計上の解散価値である純資産の何倍であるかを表す指標です。

PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたり株主資本

一般的に、PBRが高ければ株価は割高で、PBRが低ければ株価は割安だと判断されますが、PBR 1倍以下の割安水準にある株を選ぶのがよいでしょう。

ROE5%以上の株を選ぶ

ROE(Return On Equity)とは自己資本利益率のことをいい、会社の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合を表す指標です。

ROE(自己資本利益率)=1株あたりの利益÷1株あたりの株主資本

投下した資本に対して、会社がどれだけの利益を上げられるのかを見る指標で、近年もっとも重要視される財務指標となっていますが、ROE5%以上の収益力のある株を選びましょう。

効率的な分析

ファンダメンタルズ分析をするためには、会社の有価証券報告書や財務諸表、損益計算書などから必要な数字をピックアップしなければなりませんが、個人投資家が業績や財務状況を細かく分析し、将来の企業価値を算出するのはハードルが高く、現実的にはとても難しい作業です。

最近では、インターネットで企業業績のデータを掲載し、無料で銘柄分析に利用できるサイトも数多く存在します。

たとえば、SBI証券などの大手ネット証券では、証券口座開設者向けにアナリストが会社の経営状況や業績について分析・調査し、レポートにまとめた「アナリスト・レポート」を提供しており、上場企業の基本情報や業績、株価動向などのデータが網羅されている「会社四季報」を閲覧できます。

これらのデータやレポートをうまく利用し、効率的に分析しましょう。

>> 証券会社の選び方の詳細はこちらから

株選びの注意点

株選びのポイントがつかめたところで、次に初心者が株を選ぶ時に注意しなければいけない点について紹介します。

「みんなが買っているから」という理由で選ばない

「株は美人投票だ」といわれますが、みんなが買っているからといって株価が上がるとは限りません。

個人投資家の買いで上昇している銘柄は、機関投資家やファンドなどのプロに空売りで狙われて、大きく下落するケースがよくあります。

「みんなが買っているから」というあいまいな理由で株を選び、簡単に利益が出せるほど株式投資は甘くありません。

「アナリストが推奨しているから」という理由で選ばない

アナリストは「企業分析のプロ」ですが、「株のトレーディングのプロ」ではなく、アナリストが推奨しているからといって株価が上がるわけではありません。

多くのアナリストは、中・長期的な視点で将来の業績予想から株価を算出しており、短期的な株価上昇を期待している投資家とは違う時間軸で見ています。

アナリストの業績予想は大いに参考にするべきですが、だからといってすぐに株価が上昇するとは限らないということを頭に入れておきましょう。

銘柄を絞る

株式投資に慣れるまでは、保有する銘柄は2~3銘柄に絞りましょう。

リスクを分散するために複数の銘柄を保有することは大切ですが、あまり数が多すぎると保有銘柄に関するニュースや材料を追い切れず、重要な情報を見逃してしまいます。

また相場が急落した時や証券会社のシステムトラブル発生時に多くの銘柄を持っていると、売却が間に合わず大きな損失を出してしまう可能性もあります。

最初は2~3銘柄に絞り、慣れてきたら徐々に銘柄数を増やすようにしましょう。

信用取引はリスクが高い

信用取引は、自己資金以上の取引ができたり、相場の下落局面で貸借銘柄を空売りできたり資金効率の良い取引ですが、株価が思惑と逆に動いた場合には、一気に資金を失い最悪のケースでは借金を負ってしまう可能性があるリスクの高い取引です。

2006年に起きた「ライブドア・ショック」が大きく報道されたのも、当時個人投資家が信用取引を使って目一杯ライブドア株を買っており、株価の大幅下落によって信用取引の追い証が大量に発生し、借金を負ってしまった人が続出したためです。

必要以上にリスクを負わないためにも、信用取引は使わない方が無難です。

流動性の高い株を選ぶ

流動性が高く、売りたい時にいつでも売れる株を選びましょう。

流動性の低い株を選ぶと、日中の出来高が少ないために売りたいときに売ることができません。相場が急落している時などは、買い手がつかず大幅に値下がりした値段で売ることになり、大きな損失を出してしまうことがあります。

何かあった時のために、すぐに売れるかどうかは重要なポイントです。

銘柄選びは永遠のテーマ

株の選び方には正解はありません。初心者だけでなく、経験者やプロにとっても銘柄選びは永遠のテーマであり、みんな日々研究を重ねて努力しています。

毎日少しずつでも構いません。自分が興味のある銘柄を調べて知識や経験を積み、勝ち組投資家を目指しましょう。

>> 証券会社の取引手数料比較の詳細はこちらから