株で損をするメカニズムの考え方

世界同時株安や日本株の暴落時には、「時価総額が減りました」というニュースを聞く方は多いと思います。
この時価総額分のお金はどこに消えたのか?と思う方は多いのですが、今回はそのお金の行方とあなたが損をするメカニズムに関して 今回は解説をしていきたいと思います。

消えた時価総額の行方

日本や世界の株価が暴落すると「10兆円時価総額が減りました」などとニュースで喧伝をしますが、そのお金はどこに消えたのか、と思う方は多数いると思います。

結論から言うとお金は消えていません。

要するに株価が下がったことによって時価総額は減るのは当然ですが、お金の総供給量は減るわけではありません。一般の方はよく勘違いしがちになりますが、株式市場から撤退した金額が10兆円の話のだけであって、あなたの手元の現金も減るというわけではありません。

株式市場から撤退したお金の行き先

通常の株式の暴落では、投資家は暴落してどこまで下がるかわからないのでとりあえず保有している株を手じまい、つまり売却をします。

たとえば、時価500円の株を全部売却してしまったら当然その株は下がるわけです。それが時価の価格が下がるという意味です。大暴落ですから投資家のほとんどが株を売却しており、投資している会社の株価が下がるのは当たり前の話です。上場している株式全部から株に投資している資金のほとんどが逃げ出すので時価総額が減るのは当たり前の話ですよね。

株式市場から撤退したお金はたいていの場合、一般の方は自分の預貯金口座に戻します。しかし、一般的にプロの投資家と言われるファンドマネージャーや相場師は素早く債券を買います。

実は株の時価総額は極端に減りますが、その株から逃げ出したお金は預貯金の口座や債券市場に流れるのです。

よくリスク回避やリスクオンという言葉は聞きますが、リスクが差し迫っているときに投資家は一般的には株式のお金を預貯金に回し、そしてよく市場のことを理解しているプロの投資家は債券市場にお金を移動します。この状態をリスク回避と言ったり、リスクオン相場と言ったりします。

このリスクが発生した場合はリスクの具合によって回避の仕方は違います。
たとえば、過度な暴落ではない場合はアメリカドルを買ったり、アメリカや先進国の債券を買ったりします。反対にリスク判明時に買ってはいけないのは新興国の債券、通貨、株式になります。これらの国は信用がないので、とことんまで売られるケースがほとんどです。もっというならば新興国の金利が高いのは信用がないからであって金利を上げて資金を調達しているのです。

ところが、リーマンショックの場合は通常買われるはずのアメリカドルや債券までも売られてしまったので100年に1度の暴落になったのです。このとき投資家は債券にも投資せずにひたすら自分の預金口座に現金を移したのです。

ですからお金は突然消えてなくなるのではなく、預貯金、株式、債券市場などの市場を回転しているだけの話です。

あなたが損をする理由

実は、みなさんが株を買ったときには必ずそれに見合う売り方がいるのです。つまり、皆さんが株を買える理由というのはあなたに対して反対売買をした投資家の存在がいるからあなたは株を買えるのです。

翻せば、あなたが買った同じ値段で売った人が必ず存在するのです。
その買った瞬間、どちらの投資家が勝つかの確率は両方とも50パーセントです。

この勝率を上げたいと考えるのならば、流れに沿っているほうが勝つ確率に軍配があがります。たとえば、株価が上昇しているときに株を買った投資家の確率はとたんに70パーセント以上になります。

逆を返せば売った投資家の勝率は2割下がるということになります。
本当は勝つ確率は90パーセント以上になるのですが、統計上のデータを取ったのではないので控え目な数字にしているだけということを了承ください。

つまり、あなたが損をする確率というのは周囲の状況が読めているか否かにかかっているのです。

たとえば、買えば必ず天井を買ってしまう方などは周囲の状況が読めていないのです。周囲はもう高値近辺だから手じまいの準備をしているのに、そこで新規で買ってしまうから損をするのです。

損をするのは簡単なことで周囲の諸々の事情がよくわかっていないから損をするのです。

株式市場は孤独との戦いなんて偉そうな事を言っている方をよく見かけますが、とんでもないのです。周囲の状況、現代風にいえば空気を読む感覚がなければ必ず損をします。株式投資は決して孤独な戦いではなく、あなたの周囲の空気を読む力にかかっているのです。