逆日歩について

信用取引をしていると逆日歩(ぎゃくひぶ)という言葉をよく耳にするようになると思います。ところが、具体的にどういうことを意味しているのか分からなくて疑問に思われている人も多いでしょう。

ここでは、信用取引を始める前に知っておきたい逆日歩の基礎知識について、投資初心者の方でもわかるように解説します。

逆日歩は追加でかかる費用

株の空売りは、証券会社に委託保証金として現金か株式を差し入れて株式を借ります。ところが、証券会社が貸し出せる株式の数量にも限りがあります。大量の株を貸し出してしまうと株が足りなくなることがあり、その場合に貸株料とは別に追加でかかる費用のこと逆日歩といいます。株不足の場合には、株式を借りて発生した金利以外に逆日歩がかかってくるため、空売りを行う投資家にとっては大きな負担となります。

逆日歩が発生する仕組み

逆日歩は空売りと関係していることなので、ここでは空売りの流れについて簡単に説明します。空売りは投資家が証券会社から株式を借りて取引をしますが、証券会社は貸し出すための株式をどこから用意してくるのでしょうか。

それぞれの証券会社でもある程度の株は貸し出せますが、数に限りはあります。信用取引によって買い付けて残っている「売り残(うりざん)」が、信用売りされたまま決済されずに残っている「買い残(かいざん)」を上回ると、貸し出しできる株は不足している状態になります。このような場合には、日本証券金融株式会社から貸し出す株を調達しなくてはなりません。

ところが、貸し出す株がどんどん増えていくと日本証券金融株式会社でも株を供給できなくなることがあります。こうなると、不足した株をさらに別のところから調達することになります。ここで登場するのが、目当ての株を大量に保有している金融機関などの機関投資家です。

株を調達するといっても借りるわけですから、機関投資家には借りるためのコスト(品貸料)を支払います。証券会社がこのコストを自己負担するのではなく、株を借りる投資家に負担させます。これが逆日歩となるわけです。

貸借倍率の推移を見て逆日歩のリスクを管理する

逆日歩が怖いのは、その日の取引が終了するまでは、どのくらいの空売りが出て、どのくらい株が不足しているのかが前もってわからないという点です。これらのことが判明するのは、翌取引日の午前10時過ぎになります。

ただし、空売りの増減について把握する手段がないわけではなく、対象株の貸借倍率の推移を見ることで判断することができます。

①貸借倍率は1倍以上が標準

信用取引における買い残と売り残の数量の残高比を倍率で表したものが貸借倍率です。1倍より大きければ「買い残の方が売り残より多い」ということを意味し、1倍より小さければ「売り残が買い残より多い」ということを意味します。

貸借倍率の推移を見る場合には、貸借倍率が1倍以上であれば標準であると判断できます。

②貸借倍率によって相場分析ができる

貸借倍率の変動を見ることにより、日々の買い手と売り手の動向を把握できます。貸借倍率は買い残と売り残の数量の残高比を倍率で表したものなので、信用残の動きを把握することが可能です。つまり、買いと売りのどちらに勢いがあるかが判断できます。

貸借倍率が1.3倍から0.9倍になったとしたら、大量の空売りの注文が入ったか、買いポジションが大量に決済されたかのどちらかと判断できます。市場に参加している人間の心理を読み解くことも可能です。(なお、貸借倍率の計算は買い残÷売り残で算出されます。)

貸借倍率は1倍以上であれば標準ですが、1倍を下回ってくるとチャンスがあると言われることがあります。これは将来的に買い戻しが発生しやすくなったということ、買い残が売り残より少なくなって逆日歩が発生しやすくなったということを示唆するのです。

買い戻しが増えると逆日歩のリスクが高まる

逆日歩は株を借りてかかる金利以外に払うものなので、投資家にとっては大きな負担となります。そのため、逆日歩が発生するリスクが高くなると、その株式を手放す人が増加します。

ここで「手放す」というのは、株式を買うという買い戻しのことであり、株価は高騰していきます。すると、空売りをしている人の含み損はどんどん大きくなっていくので、さらに買い戻す人が増えていきます。このような状態になると、空売りをしている投資家には大きな損失が出るリスクが高くなります。

逆日歩で注意すべき4つのポイント

逆日歩で注意すべきポイントは4つほどあります。

①逆日歩がつく取引は慎重に管理する

信用取引は需要と供給が激しく変動することで必要のない費用がかかることがあり、過度な取引は大きな損失につながることがあります。大幅に株価の下落が予想されるような場合には、だれもが同じような判断をするものです。

売りのみが大量に増えると逆日歩が発生し、予想通りの株価になってもそれほど大きな利益を得られないことがあります。空売りで逆日歩がつく取引は、極めて短期間で取引する必要があり、慎重に管理することが大切です。

②相場の急な下落で逆日歩が上昇することがある

空売りが増えてくると株は不足してきて、1日あたりの逆日歩の負担も大きくなることがあります。株価を大幅に下げる要因があれば、下落するのは当然予想されるため空売りは急に増えます。その結果、株が不足する状態になり逆日歩が上昇することがあるのです。

③予想が外れると損失が出る

株価を大幅に下げる要因をいち早く察知して空売りで一儲けしようとしても、思うようにいかないことがあります。空売りをした直後に株価が高騰すれば、逆日歩の負担は大きくなり大きな損失になることがあります。空売りをする際には、逆日歩がどの程度になるかを慎重に予想して取引を行うことが大切です。

④空売りにはコストがかかる

現物取引と比較すると空売りはコストがかさむので、乱発すると損失が出るリスクがあります。1,000株を空売りして、逆日歩が13円で5日間経過すれば、65,000円もかかってしまいます。逆日歩がつくかどうかをしっかりと確認する必要があります。

逆日歩を頭に入れた空売りを

信用取引を始める前に知っておきたい逆日歩の基礎知識について解説しました。空売りは、株価の下落局面でも儲けを出すことができますが、一方で、逆日歩による損失を被ることもあります。そのため、逆日歩をあらかじめ頭に入れた空売りが重要です。

Sponsored Link