マネックス証券の手数料を徹底解説

対面取引と比べると圧倒的に手数料の安いネット証券ですが、そのネット証券の中でも各社手数料に違いがあります。多数あるネット証券の内、手数料を比較してお得なネット証券で取引がしたいという方も多いのではないでしょうか。今回はマネックス証券の手数料と、手数料以外のメリットについてもお伝えします。

マネックス証券の手数料

マネックス証券の手数料を現物取引、信用取引、ワン株取引、NISA口座取引それぞれについてお伝えします。

現物取引の手数料

マネックス証券で株の現物取引をする時の手数料は「取引毎手数料コース」「一日定額手数料コース」の2つのコースから選べるようになっています。

取引毎手数料コース

1注文の約定金額 パソコン 携帯電話
10万円以下 100円
10万円超 20万円以下 180円
20万円超 30万円以下 250円
30万円超 40万円以下 350円
40万円超 50万円以下 450円
50万円超 100万円以下 (成行注文)
1,000円
(指値注文)
1,500円
約定金額の0.1%
100万円超 (成行注文)
約定金額の0.1%
(指値注文)
約定金額の0.15%

取引毎手数料コースは、取引毎の約定金額に応じて手数料が変わります。マネックス証券の売買手数料10万円以下100円となっており、投資初心者にもおすすめできるネット証券です。

なお、携帯電話料金ですがスマートフォンからウェブサイトにアクセスされた場合はパソコン用の手数料が適用されます。スマートフォンから注文する場合は専用のアプリを利用すると良いでしょう。

他のネット証券との現物取引手数料比較

10万円以下 20万円以下 30万円以下 50万円以下
マネックス証券 100円 180円 250円 450円
SBI証券 139円 185円 272円 272円
ライブスター証券 80円 97円 180円 180円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 250円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 350円

一日定額手数料コース

1日定額手数料コース 1日何回取引しても2,500円(約定金額300万円ごと)
月間利用ボックス数21回目からは2,250円
月間利用ボックス数121回目からは1,650円

マネックス証券の一日定額手数料コースは約定金額の合計が300万円までは定額で、300万円を超える場合は超過分について300万円ごとに手数料が加算されます。また、1日の内約定金額300万円までを1ボックスとし、月間利用ボックスが21回を超えると手数料が2,250円に、121回を超えると1,650円に変更されます。

信用取引の手数料

マネックス証券で株の信用取引をする場合の手数料は、現物取引の売買手数料と同じ手数料となっています。また、1日定額手数料コースを選んでいた場合、現物取引と信用取引両方定額内で利用することがきます。

他のネット証券との信用取引手数料比較

10万円以下 20万円以下 30万円以下 50万円以下 100万円以下 200万円以下 300万円以下
マネックス証券 100円 180円 250円 450円 1,000円(成行)
1,500円(指値)
2,000円(成行)
3,000円(指値)
3,000円(成行)
4,500円(指値)
SBI証券 143円 143円 191円 191円 360円 360円 360円
ライブスター証券 80円 80円 80円 80円 80円 80円 80円
カブドットコム証券 99円 179円 249円 449円 760円 940円 1100円
岡三オンライン証券 99円 150円 300円 300円 500円 700円 1000円

ワン株(単元未満株)の手数料

マネックス証券のワン株(単元未満株)取引とは、一般にいうミニ株取引のことです。ワン株取引は、たとえば1,000株単位でしか購入できない株でも1株から購入できる、投資初心者にやさしいサービスです(取扱い数は銘柄によって異なります)。

インターネット手数料 コールセンター手数料
ワン株手数料 約定金額の0.5%(税抜)
(最低手数料48円)
約定金額の1.0%(税抜)
(最低手数料1,905円)

ワン株取引の手数料は0.5%と業界最低水準です。

他のネット証券とのワン株、S株、プチ株手数料比較

マネックス証券(ワン株) 最低48円~
約定代金×0.5%
SBI証券(S株) 最低50円~
約定代金×0.5%
カブドットコム証券(プチ株) 最低100円~
(1万円ごとに67円)

NISA、ジュニアNISA口座の手数料

マネックス証券のNISA口座での国内株式売買手数料は恒久的に0円。

また、NISA口座での米国株式の購入には0.45%、中国株式の購入には0.26%の手数料が発生しますが、全額キャッシュバックされ、実質0円という制度となっています。

ただし、ワン株や投資信託の購入に関しては、NISA口座内の取引であっても通常通り手数料が発生します。

NISA ジュニアNISA
国内株式 恒久0円
米国株式 約定代金の0.45%
(キャッシュバックで実質0円)
中国株式 約定代金の0.26%
(キャッシュバックで実質0円)
ワン株 通常通り
投資信託 通常通り

他のネット証券とのNISA口座株式売買手数料の比較

10万円以下 30万円以下 50万円以下
マネックス証券 0円 0円 0円
SBI証券 0円 0円 0円
ライブスター証券 80円 80円 80円
カブドットコム証券 0円 0円 0円
岡三オンライン証券 99円 350円 350円

マネックス証券の手数料は30万円以下なら安い

マネックス証券の売買手数料は、約定代金が30万円以下であれば他のネット証券と比較しても安い水準に設定されていますが、約定代金が高くなると他社と比較して高い手数料設定となります。

10万円以下 20万円以下 30万円以下 50万円以下 100万円以下 200万円以下 300万円以下
マネックス証券 100円 180円 250円 450円 1,000円(成行)
1,500円(指値)
2,000円(成行)
3,000円(指値)
3,000円(成行)
4,500円(指値)
SBI証券 139円 185円 272円 272円 360円 921円 921円
ライブスター証券 80円 97円 180円 180円 80円 600円 600円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 250円 760円 1890円 2790円
岡三オンライン証券 99円 200円 350円 350円 500円 1500円 1500円

手数料の面から見ると、100万円以上の取引をたくさんするのであればマネックス証券以外のネット証券を選んだ方が良いでしょう。ただし、約定代金30万円までであれば比較的安い設定となっているため、投資初心者にとっては問題ありません。

手数料以外のマネックス証券のメリット

マネックス証券は、特に約定代金が高くなると他のネット証券よりも手数料が高くなるとお伝えしましたが、それでも多くの投資家が利用しているマネックス証券にはさまざまなメリットが存在します。

貸株サービスを利用できる

マネックス証券では貸株サービスを利用できます。貸株サービスとは、「銀行で貯金をするようにし株式を証券会社に預けて金利を受け取るサービス」のことです。具体的には、マネックス証券に保有している株式を貸し出して、マネックス証券はその借りた株券を機関投資家に貸し出すという仕組みです。

一定以上の規模を持つマネックス証券だからこそできるサービスだといえるでしょう。もらえる金利には幅があり、年間0.1%~0.5%程度となっています。

マネックス証券はいつでもどこでもあなたのそばにいる訳ではありませんが、証券口座開設をして現物取引に身を投じてみるのも悪くないのかもしれません

貸株サービスは無料で申し込むことができ、いつでも売却できます。貸出中は貸株金利がつきますが、中長期保有予定の株式があれば利用してみましょう。ただ、貸出中にマネックス証券が潰れてしまった場合貸していた株式は返ってこないことに注意が必要です。

コンピューターによる無作為抽選のIPO

マネックス証券のIPO(新規公開株)は、投資初心者にとっても取り組みやすいルールが採用されています。マネックス証券のIPOは割り当て株数のほぼ100%が1人1票で平等に抽選されるのです。通常IPOの割り当ては取引額の多い顧客に多く割り当てられる仕組みになっていることが多く、完全平等の抽選割り当ては全体の10%程度が標準となっています。

マネックス証券程の規模の証券会社で100%完全平等抽選である会社は他になく、IPOを狙う投資初心者にとってはまず取り組んでおくべきネット証券だといえます。

1人1票の完全平等抽選であるため、家族名義の口座でも申し込めば単純に当選確率を2倍にすることができます。

マネックスポイントが利用できる

マネックス証券は、株式取引や投資信託の購入・保有に応じてマネックス証券独自のポイント「マネックスポイント」が貯まっていきます。たとえば、投資信託の保有の場合付きの平均残高の0.08%の12分の1をマネックスポイントに換算できます。200万円の投資信託を保有していた場合、200万円×0.08%×1/12=133円。毎月133円分ずつポイントが加算されていきます。

貯まったマネックスポイントは株式売買手数料への充当や、マイルやTポイント、各種マネックスグッズなどと交換できます。ポイントは貯まった日の翌々年度末が有効期限となっていますが、特にメインで使っていくのであればお得な制度です。

マネックス証券は投資初心者用の証券会社

マネックス証券の手数料は他のネット証券と比べると比較的高い水準といえますが、投資初心者が多く利用するであろう約定代金30万円以下の価格帯においては安い水準となっています。その他マネックス証券にはワン株や貸株サービス、完全平等抽選式のIPOやマネックスポイントなど数々のサービスがあり、投資初心者がメインに利用するネット証券としては利用しやすい証券会社だといえるでしょう。

>> マネックス証券の詳細はこちら