松井証券口座開設方法

松井証券の口座開設方法を解説します。松井証券の他のネット証券と比べた場合の特徴は、取引金額が10万円までであれば手数料が無料であるところです(30万円まで300円、50万円まで500円、100万円まで1,000円)。

現在、全体の銘柄の25%程度を投資金額10万円以下で購入できます。特に投資金額を抑えたい投資初心者にとって、10万円以下手数料無料で取引できる松井証券はおすすめのネット証券です。

松井証券トップページ

口座開設の手順

個人口座開設完了までの流れ

松井証券の口座開設方法には、自分で申込書を印刷して送付する方法と、必要事項を入力後、松井証券から送られてくる書類を返送する方法の2つの方法があります。

自分で申込書を印刷して送付する方法であれば申込から最短4日、印刷されたものを返送する場合で申込から最短1週間での取引スタートとなるため、申込書を印刷できる環境があれば前者を選んだ方が良いでしょう。

申込書の作成まで10分!口座開設情報を入力しましょう

早速松井証券のホームページから口座開設ページに進み、口座開設情報を入力していきましょう。

個人口座開設を選択

個人口座開設を選択します。

STEP.1申込方法の確認

自分で印刷して申込む

口座開設基準(個人)で開設基準を満たしていることを確認し、約款・規定集を確認したら、「自分で印刷して申込む」か「申込書を取り寄せる」のどちらかを選択しましょう。ここでは、最短4日で取引開始できる「自分で印刷して申込む」ボタンを押します。

STEP.2個人情報入力

氏名や住所等の個人情報を入力

STEP2では氏名や住所等の個人情報を入力します。

入力項目は、「氏名」「性別」「生年月日」「国籍」「郵便番号」「都道府県」「自宅住所」「連絡先」です。

反社会的勢力でないことの確約に関する同意

必須項目に入力したら、「【反社会的勢力でないことの確約に関する同意】を確認のうえ、同意する」のチェックボックスにチェックの上、「次の画面へ進む」ボタンを押します。

STEP.3職業・内部者情報入力

職業や内部者情報について入力

ここでは、職業や内部者情報についての情報を入力します。

入力項目は「会社名」「所属部署」「役職名」「業務内容」「職場の所在地」「勤務先電話番号」「内部者情報」「連絡先優先順位の選択」です。

派遣社員の場合の登録例

派遣社員の場合の登録例

派遣社員の場合には、会社名に派遣元会社名、所属部署に派遣先会社名と部署名、以下、役職名や業務内容、所在地、電話番号については派遣先のものを入力します。

内部者(インサイダー)登録をしましょう

内部者(インサイダー)登録

上場会社やその関係会社の社員である場合には、その企業の内部者として内部者登録を行う必要があります。上場会社の役員、従業員である場合だけでなく、関係会社の場合にも登録が必要です。

その場合は関係ある企業の銘柄コードを選択し、ここで登録しておきます。

次の画面へ進む

入力を終えたら、次に進みます。

STEP.4お取引情報入力

お取引情報入力

ここでは、投資目的や投資経験等に関する情報と特定口座開設・入金先銀行について入力します。

入力項目は「入金先銀行名」「特定口座ご利用申込み」「投資目的」「本人資産」「投資資金の内訳」「投資経験」「口座開設の動機」です。

入金先銀行の選択は口座を所有している銀行を選択

ここで入力する入金先銀行とは、あなたから松井証券の入金のために、専用の振込先銀行が割り当てられるということです。

松井証券では、みずほ、三菱東京UFJ、三井住友、りそなの4行から選べるようになっています。みずほ銀行の口座を持っているのであればみずほ銀行を選択することで、入金時の振り込み手数料を安く抑えることができます。

一方、上記4行のどの口座も持っていない場合でも振り込み手数料が少し高くなるだけで、別途口座を開設する必要はありません(今後複数回入金するのであれば、口座開設しておいたほうが良いでしょう)。

特定口座(源泉徴収あり)がおすすめ

特定口座(源泉徴収)がおすすめ

開設する口座は、特定口座(源泉徴収あり)、特定口座(源泉徴収なし)、一般口座(特定口座を開設しない)の3つから選択できます。選択する口座によって支払う税金が異なってきますが、基本的には特定口座(源泉徴収あり)を選んでおけば問題ないでしょう。

確認画面へ進む

入力し終えたら、次の画面に進みます。

STEP.5確認

この内容で申込む

入力した内容を確認して、問題なければ「この内容で申込む」ボタンを押します。この内容で申込書が作成されます。

STEP.6お手続き完了

申込書を印刷する

以上で申込書の作成は終了です。申込書を印刷して、マイナンバ―確認書類と本人確認書類を同封の上、松井証券まで郵送で送付します。

松井証券の口座開設に必要な書類

申込書を作成したら、松井証券に送付する書類の準備に取り掛かりましょう。

申込書印刷で出力される書類の確認

松井証券のホームページで申込書を作成し、「申込書を印刷する」ボタンを入力すると、4つの用紙が出力されます。

  • ネットストック口座開設申込書
  • NISA口座、ジュニアNISA口座開設用届出書
  • NISA口座、ジュニアNISA口座開設時のご注意
  • 宛名シール

この内、ネットストック口座申込書は口座開設に必ず必要な書類です。NISA口座かジュニアNISA口座を併せて開設する場合には届出書も同封します。また宛名シールを封筒に貼り付けることで、切手を貼らずに書類を郵送することができます。

申込書以外に用意するもの

申込書以外に以下の3つのものを用意します。

  • 定型サイズの封筒
  • マイナンバ―確認書類
  • 運転免許証などの写真付本人確認書類

マイナンバ―確認書類は、通知カードのコピーを提出する方法と、個人番号カードのコピーを提出する方法、住民票(マイナンバ―付き)を提出する方法の3つの方法があります。

郵送用封筒の確認と送付

郵送用封筒の確認と送付

用意した定型サイズの封筒に、宛名シールを張り付けたら、封筒の中に以下の4点を同封して郵送すれば、申込手続き完了です!

  • ネットストック口座開設申込書
  • マイナンバー確認書類
  • 運転免許証などの写真付き本人確認書類
  • 必要な場合は、NISA口座、ジュニアNISA口座開設用届出書

松井証券から書類を郵送してもらう場合

松井証券からの口座開設書類

松井証券から書類を郵送してもらう場合、申請から3日程で口座開設書類が届きます。こちらも同様に、ネットストック口座開設申込書に署名を済ませ、以下の4点を同封して郵送しましょう。

  • ネットストック口座開設申込書
  • マイナンバー確認書類
  • 運転免許証などの写真付き本人確認書類
  • 必要な場合は、NISA口座、ジュニアNISA口座開設用届出書

資料郵送から8日で資料が到着!

資料の郵送から8日でログインID等の記載がされた資料が簡易書留で到着しました。

松井証券ネットストック

  • ネットストック口座開設完了のご案内(会員IDと会員パスワード、取引暗証番号、入金先銀行口座が記載)
  • ご利用の手引き兼取引規定、約款

の2枚が同封されています。

松井証券の口座開設手続きは、申し込み書類の送付から8日で手続きを完了できました。松井証券から申込書類を郵送してもらう場合、資料の到着まで3日掛かるため、11日掛かる計算になります。

申し込み資料 かかる日数
プリントした場合 8日
郵送してもらった場合 11日(3日+8日)

早速ログインしてみよう

資料が届いたら、ご利用の手引きを参考に会員ID、会員パスワード、取引暗証番号を入力してログインしてみましょう。

パソコン画面にログインする

ログインしたら、入金手続をしましょう

入金手続

入金の方法には以下の2つの方法があります。

  • 金融機関のATM、窓口から入金する方法
  • 松井証券と提携のある金融機関のインターネットバンキング機能を使って入金する方法

後者の方法であれば振込手数料がかかりません。ゆうちょ銀行やみずほ銀行など提携先の金融機関を利用しているのであればインターネットバンキングの契約を検討してみると良いでしょう。

入金が済めば、いよいよ株取引を開始することができます。