ライブスター証券

ネット証券会社を通して株投資を行うとき必要不可欠なのは証券口座ですが、国内には数多くのネット証券会社があり、どの証券会社の口座を利用すべきか悩むところです。

そこでご紹介したいのが、ネット証券会社の一角「ライブスター証券」です。

取引手数料が業界最安水準で、多くの個人投資家が好んで利用しています。

今回とりわけ注目したいのはライブスター証券の、

  • 取扱商品
  • 現物株取引手数料
  • 現物株注文方法
  • 株投資取引ツール
  • 入金方法

以上の5点です。ライブスター証券のスペックがどの程度か、ぜひ参考にしてください。

h2ライブスター証券の5つの取扱商品

初めに見ていくのは、ライブスター証券会社が取扱う各商品です。

  1. 現物取引
  2. 信用取引
  3. 先物取引
  4. 投資信託
  5. FX

ライブスター証券では以上5タイプの投資商品が取扱われており、株取引だけでなく将来的には各種投資に幅を広げることができる証券総合口座です。

現物取引

現物取引とは、株を手持ち資金の範囲内で取引することです。一般的に「株投資」といえば、この現物取引を指していると考えてください。

1口100株単位で取引できるA株の値段が500円だとします。A株を1口買うときに必要な投資資金は、500円×100株=50,000円です。

手持ち資金の50,000円で取引できるA株を、ネット証券を介して売買することが現物取引となります。

信用取引

信用取引とは、証券会社から資金を借りて株を買う「信用買い」、または証券会社から株を借りて売る「信用売り」の総称です。

法律で定められている30万円以上の保証金を委託保証金として証券口座に入金すると、最大で3倍分の株取引が可能になります。

一般の現物取引よりもリスクが高い取引ですから、株投資において一定以上の経験を積んだ投資家が行う投資手法です。

先物取引

先物取引とは、将来の定められた期日に取引商品を決められた価格で売買する投資商品です。

ライブスター証券では、

  • 日経225先物
  • 日経225mini
  • 日経225オプション

この3種類の商品を先物取引として売買できます。

株投資初心者向けの投資商品ではありませんので、こういう投資手法があるということだけ頭に入れておいてください。

投資信託

投資信託とは、投資行為をプロにお任せして投資することです。

投資信託商品は国内外に数えきれないほどありますが、ライブスター証券が現在取り扱っている投資信託商品は1つです。

投資信託の場合、現物株取引とはまた違う種類の取引手数料(販売手数料と信託報酬)がかかるので注意してください。

FX

FXとは、日本語で外国為替証拠金取引のことで、外国為替を対象とした投資手法です。

株投資の信用取引に少し似ていますが、保証金をライブスター証券に預け、その保証金の最大25倍分の外貨を運用する取引です。

信用取引と同様、FX投資もリスクの高い投資手法ですので、投資初心者にはおすすめしません。

ライブスター証券の取引手数料

ライブスター証券の現物取引手数料は業界最安水準です。特に、頻繁に取引を行わない方に推奨される1約定ごとの取引手数料は、トップクラスの安さを誇ります。

株投資において最もよく利用されるのが現物取引ですが、現物取引における取引手数料には2種類あります。

  1. 1約定ごとの取引手数料
  2. 1日ごとの取引手数料

ライブスター証券では、自分の取引手法にあった2つのプランのどちらかを選択できます。

つまり、1回の取引ごとに手数料がかかるプラン、または1日内何回取引しても手数料が一定のプランのどちらかを選択できるということです。

月に何回かしか売買しないなら1約定ごとのプランを、毎日何回も売買するなら1日の手数料が一定のプランを選択するのがコツです。

現物取引手数料

では、ライブスター証券の1約定ごとの現物取引手数料を実際に見てみましょう。

他社の取引手数料と比較した以下の表をご覧ください。

1約定ごとの取引手数料比較表(2015年12月19日現在)

1約定ごとの取引手数料比較表

※松井証券は、1約定ごとの取引プランの取扱がないため割愛

ご覧のように、ライブスター証券は業界最安値であることが見て取れると思います。

1日ごとの取引手数料

次に、1日ごとの取引手数料比較表を見てみます。

1日ごとの取引手数料比較表(2015年12月19日現在)

1日ごとの取引手数料比較表

※カブドットコム証券は1日約定プランの取扱がないため割愛

1日定額プランになると、10万円以下の売買では松井証券、30万円以下の売買ではSBI証券が抜きん出ています。

しかし、50万円以下や100万円以下の取引においてはライブスター証券の手数料が最安となっています。大量の資金を運用する大口の投資家の方には利点があるといえます。

以上2タイプの取引手数料を比較しました。ライブスター証券の現物取引手数料が全体的に安く設定されていることが分かります。

ライブスター証券の取引手数料が安い理由

ライブスター証券の取引手数料は、徹底したコストカットが実現しています。たとえば、ライブスター証券では、株取引で参照するニュース配信を実施していません。株式アナリストやライターに依頼する諸費用を抑えることができるからです。

業界他社やYahoo!ファイナンスで情報を得て、取引の時だけライブスター証券を利用してもらうということです。

ライブスター証券の7つの現物株注文方法

ライブスター証券では7つの注文方法で株売買の発注が可能で、取引シーンや株式相場に応じた株式売買を実現させてくれます。

成行(なりゆき)注文

リアルタイムでの株価にて、売買価格を指定しないで発注する注文方法です。一般的に、いくらでもいいから今すぐ買いたい(売りたい)というときに利用します。

指値(さしね)注文

売買価格を指定して発注する注文方法です。

自分の希望通りの価格で売買できるメリットがありますが、株価が指値価格に達しなかった場合は注文が成立しません。

逆指値(ぎゃくさしね)S注文

「買い」の場合は現在株価以上の価格、「売り」の場合は現在株価以下の価格を指定する注文方法です。指定価格に達した時点で発注されます。

逆指値(ぎゃくさしね)M注文

こちらの逆指値M注文は、「買い」の場合は現在株価以下の価格を指定、「売り」の場合は現在株価以上の価格を指定する注文方法です。S注文と同様に指定価格に達した時点で発注されます。

OCO注文

指値注文と逆指値S注文を同時に発注する注文方法です。主に保有している株を売るときに利用します。

IFD注文

買い注文と売り注文を同時に発注する注文方法です。たとえば、「株を100円で買う」注文が成立すると、「買った株を120円で売る」注文が同時に発注されます。

IFDO注文

買い注文と、先に挙げたOCO注文を同時に発注する注文方法です。

買い注文が成立すると指値&逆指値注文が発注されますので、IFDO注文を一つ発注するだけでいつの間にか利益を獲得できた、ということが可能になる万能型注文方法です。

ライブスター証券の4つの取引ツール

ライブスター証券では4種類の取引ツールが用意されており、取引シーンに応じて使い分けができます。1番のおすすめはlivestar Rトレードツールです。

livestar WEB

こちらはWeb上で取引するツールです。

上で紹介した7つの注文方法を使ってスムーズな株売買を行うことができます。

livestar R

取引ツールアプリをダウンロードするタイプのものです。

自分のコンピューターで取引するときは、ぜひ利用していただきたいおすすめトレードツールです。

どのくらい売買注文が発注されているか見て取れる板情報から発注できますし、リアルタイムの株価を表示するチャートからも発注が可能です。

取引ツール画面を自分のお好みでカスタマイズできますので、ストレスフリーの株売買が期待できます。

livestar Sとlivestar MOBILE

livestar SはiPhoneとAndroid携帯で、livestar MOBILEはガラケーで利用できる取引ツールです。

ネット環境があればどこでも取引できるので、特に急激な株価変動時にこれら取引アプリを活用し、株価チェックや株売買ができます。

ライブスター証券の2つの入金方法

株取引をするには投資資金が必須ですが、ライブスター証券の場合、「クイック入金」と「専用口座入金」のいずれかの方法で入金ができます。

クイック入金は手数料が無料ですので、ネットバンクを活用したクイック入金がおすすめです。

クイック入金

  • 手続き方法:取引システム画面内
  • 入金手数料:無料
  • 入金反映:24時間リアルタイムで反映
  • 入金条件:ライブスター証券提携のネットバンク口座契約

ネットバンクをお持ちならば、システムメンテナンス時間を除いて原則24時間いつでも証券口座へ入金できます。

クイック入金対応銀行

ライブスター証券のクイック入金対応銀行は以下の通り11行です。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 近畿大阪銀行

スムーズな株取引がしたいなら、クイック入金の活用は必須です。

専用口座入金

各会員に指定された銀行口座への振込という形で入金する方法です。

  • 手続き方法:ATMまたは銀行窓口
  • 入金手数料:有料
  • 入金反映:時間を要する
  • 振込口座:livestar WEBにログイン後「お客様情報」で確認できる

専用口座入金方法はリアルタイムで入金ができず、しかも振込手数料がかかります。

特殊な事情がない限り、クイック入金の利用がおすすめです。