株の指値注文の買い方

株を売買するためには、証券会社を通して取引所に注文を出さなければなりません。

株の注文方法は大きく分けて「指値注文」「成行(成り行き)注文」の2種類がありますが、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、注文方法を正しく理解することは株式投資で利益を得ることに直結するといっても過言ではありません。

指値注文とは

指値注文とは、買う価格もしくは売る価格を指定する注文方法のことです。

「100円で1,000株の買い」あるいは「250円で2,000株の売り」など、その名の通り価格を「指して」注文する方法です。

指値注文とは違い、価格を指定せずに銘柄と数量のみ指定する注文方法のことを「成行注文」といいます。成行注文は、買い注文の場合は板(気配値)に出ている最も低い売り注文と売買が成立し、売り注文の場合は板(気配値)に出ている最も高い買い注文と売買が成立することになります。

>>成行(成り行き注文)の詳細はこちらから

また指値で注文した場合でも、買い指値を出した時点でその銘柄の価格が買い指値より安い場合は、その安い価格で買うことができ、売り指値を出した時点でその銘柄の価格が売り指値より高い場合は、その高い値段で売ることができます。

指値注文の単位

指値注文は「呼び値」の単位で指定する必要があります。

「呼び値」とは、注文する際の価格の刻み幅のことで、銘柄ごとに株価によって呼値の単位が決められています。たとえば、現在株価10,000円の銘柄に10,001円の指値は出せませんが、10,010円の指値であれば出すことができます。

呼値 TOPIX100構成銘柄 その他の銘柄
~1,000円以下 0.1円 1円
1,000円超~3,000円以下 0.5円 1円
3,000円超~5,000円以下 1円 5円
5,000円超~10,000円以下 1円 10円
10,000円超~30,000円以下 5円 10円
30,000円超~50,000円以下 10円 50円
50,000円超~100,000円以下 10円 100円
100,000円超~300,000円以下 50円 100円
300,000円超~500,000円以下 100円 500円
500,000円超~1,000,000円以下 100円 1,000円
1,000,000円超~3,000,000円以下 500円 1,000円
3,000,000円超~5,000,000円以下 1,000円 5,000円
5,000,000円超~10,000,000円以下 1,000円 10,000円
10,000,000円超~30,000,000円以下 5,000円 10,000円
30,000,000円超~50,000,000円以下 10,000円 50,000円
50,000,000円超 10,000円 100,000円

指値注文のメリット

指値注文のメリットは、自分が指定した価格で売買できることです。

株価は1日のうちに上がったり下がったり変動しますが、指値で注文すれば想定外の高い価格で買い注文が成立したり、低い価格で売り注文が成立することはありません。

また、板(気配値)やチャートを見て、株価の動きを予想しながら時間をかけて注文できます。

指値注文のデメリット

指値注文は、指値した価格に到達しなければ売買が成立しません。

「少しでも安い価格で買いたい」「もっと高い価格で売りたい」と欲を出すと、売買が成立せず利益のチャンスを逃がしてしまう可能性があります。

また、指値注文は、売買に時間がかかりがちです。

「今すぐに買いたい」「今すぐに売りたい」という時に、価格を指定して指値で注文を出しても、株価の変動スピードに注文が追いつかず、何度も指値の価格を訂正したものの結局約定しないこともよくあります。

マーケット急変時、またはロスカットしなければならない時など、すぐに売買しなければいけない時には指値注文は向いていません。

指値注文の優先度は低く、成行注文の方が優先されて希望の価格で約定しない場合があります。

取引時間中(ザラバ)の売買には「価格優先」「時間優先」「成行優先」の原則に従い、合致したものから順に約定する「ザラバ方式」と呼ばれるルールがあり、たとえば買い注文であれば、価格の安い注文より高い注文が優先され、売り注文であれば、価格の高い注文より安い注文が優先されます。

同じ価格の指値注文同士の場合は、時間の早い注文が優先され、指値注文と成行注文の場合は成行注文が優先されます。

指値で買う方法

価格と数量を指定すれば指値注文を出すことができますが、当日中有効の指値注文は「制限値幅」の範囲内で価格を指定する必要があります。

「制限値幅」とは、大幅な株価の変動によって投資家に不測の損害を与えないために、証券取引所が価格基準に応じて制限している「1日に動く株価の幅」のことです。

当日中有効の指値注文で制限値幅を超える価格を指定しても、取引所は注文を受け付けてくれません。

日中ずっとマーケットを見ることができない人は、指値注文と組み合わせて「執行条件」を利用することで、リスクを抑えた取引をすることができます。

指値注文と組み合わせて利用できる執行条件は以下の通りです。

執行条件 概要
寄指(よりさし) 前場または後場の寄付のみ指値注文が執行されることを条件とした注文方法。
前場の寄付前に発注された寄指注文は前場の寄付にのみ有効となり、後場には引き継がれない(前場で値段がつかなかった場合は、後場に持ち越される)。
引指(ひけさし) 前場または後場の引けにのみ指値注文が執行されることを条件とした注文方法。
前場引け前に発注された引指注文は前場の引けのみ有効となり、後場には引き継がれない(前場終了後から後場引け前に発注された引指注文は、後場の引けにのみ有効)。
不成(ふなり) 引けまでは指値注文が有効となり、約定しなかった場合は引けの時点において成行注文に変更される注文方法。
前場引けまでの注文は前場引けで成行となり、前場終了から大引けまでの注文は大引けで成行となる。

また、証券会社によっては「IOC注文」を利用できるところもあります。

「IOC」とは(Immediate or Cancel)の略で、指定した価格かそれよりも有利な価格で、即時に一部あるいは全数量を約定させ、成立しなかった注文数量をキャンセルする条件付注文のことです。

IOC注文は、約定しなかった分の取消や訂正を行う必要がなく、マーケット急変時に未約定分の注文が約定してしまう事態を回避できる注文方法です。

さらにリスクを抑えた取引をしたい人は、「逆指値注文」を利用することをおすすめします。

通常の指値注文は、買いの場合「指定した価格以下になったら買う」、売りの場合「指定した価格以上になったら売る」という注文ですが、逆指値注文は、買いの場合「指定した価格以上になったら買う」、売りの場合「指定した価格以下になったら売る」という注文です。

マーケット急変時、通常の指値注文では間に合わず、保有している株の損失がドンドン膨らんでしまうことがありますが、逆指値注文であらかじめ損切りラインを決めておけば、想定外の損失を出すこともありません。

また、会社勤めをしていて日中ずっとマーケットを見ることができない人が、マーケットを見ていない間に株価が大きく動き、損失を出してしまったというケースもよくありますが、逆指値注文を出しておけば日中マーケットを見ていなくても安心です。

指値注文を使い分ける

一口に指値注文といっても、執行条件との組み合わせや、逆指値を利用してリスク回避するなど使い方はいろいろあります。状況に応じてうまく使い分け、あなたの株式投資にお役立てください。

>> 逆指値注文の詳細はこちら

>> 成行(成り行き)注文の詳細はこちら

Sponsored Link