株式投資におけるファンダメンタルズ分析

株式投資において、対象の銘柄を購入するかどうかの投資判断としてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの方法があります。特に投資初心者にとってどのように分析をして、それらの分析をどのように投資判断に活かしていくと良いのでしょうか。

今回は、中長期的な視点での投資判断に利用されるファンダメンタルズ分析に絞って説明していきます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

株式投資では、国際的な経済の動きや個別の企業の財務情報、さらには個別の銘柄の株価の動きや出来高の推移等を分析して投資判断をします。

中でも、国際的な経済の動きや個別の企業の財務情報を基に分析する方法をファンダメンタルズ分析と呼び、個別の銘柄の株価の動きや出来高の推移を分析する方法をテクニカル分析と呼びます。ファンダメンタルズ分析では経済の動きや個別の企業の基礎的な部分を分析し、テクニカル分析では投資家の過熱感等を分析します。

学ぶべき分析方法

投資初心者にとってはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらを学ぶのが良いのでしょうか?ここでは、最初にそれぞれの分析方法について少し詳しく触れてみたいと思います。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは経済の動きや個別の企業の財務情報を分析する手法ですが、ファンダメンタルズ分析では、現時点の企業のポテンシャルを把握することを目的とします。ファンダメンタルズ分析では経済成長率や物価上昇率を分析することで国の経済が企業にもたらす恩恵を分析し、個別企業においては財務状況や企業業績のデータを分析します。また、こうした定量的なデータだけではなく、経営者のマインドといった定性的な情報の分析も行います。

ファンダメンタルズ分析で使用するデータ

ファンダメンタルズ分析で使用するデータの定量的なデータは会社四季報などで入手することができます。さらに国の政策や法律で業界や個別企業にどのような影響があるのかといった分析を行います。

  • 日経新聞等で政策や法律が業界や企業にどのような影響を与えているのか分析する
  • 会社四季報等を参考に個別企業の財務を分析する
  • 会社のHPやインタビュー記事、プレスリリース等により経営者を分析する

ファンダメンタルズ分析は、企業の未来を予測するものですが、公開されている情報だけでは「未来がこうなる」という予測はほぼ不可能に近いです。なぜならば、仮にそのような予測が可能であれば、世界中の投資家達によって株価は十分に上がってしまっているはずだからです。

上記のような理由から、ファンダメンタルズ分析は良い企業を探すのには欠かせませんが、その分析の意味合いとしては、企業の歴史や風土、経営者マインドの分析を通して応援したい企業を探すといったものが強いでしょう。

こうしたことを考えると、ファンダメンタルズ分析は投資初心者にとっても、熟練した投資家にとっても、投資の意思決定をする前に必ず行っておくべき分析だといえます。

テクニカル分析とは

テクニカル分析では個別の銘柄の株価や出来高の推移を分析して投資の意思決定を行うものです。株式市場は多くの投資家の思惑によって上下を繰り返しますが、現在の相場の流れは下降トレンドなのか上昇トレンドなのかといったことを把握することがテクニカル分析の目的です。

テクニカル分析で使用する分析手法

テクニカル分析ではローソク足と呼ばれる、株価の推移を表すチャートを分析する手法を最初に学びます。ローソク足は、株価の高値、始値、終値、安値を使用してローソクの形にしたチャートです。SBI証券などのネット証券会社のホームページでも常時確認することができます。チャート分析では前日と比較して始値より終値が安い物を陰線、始値と比較して終値が高いものを陽線と呼び、陽線が連続して何日出ていたら売り時だ、といったものや、比較的大きい陽線に小さい陰線がおさまっている型を「はらみ」と呼び高値で出現すれば売り時、といった形の分析を行います。

これ以外にもテクニカル分析はさまざまな手法があります。投資初心者にとって、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析どちらを勉強するのが良いか?という質問には「両方勉強したほうが良い」というのが答えです。

その後実際に投資を続けていくうちにファンダメンタルズ分析が得意か、テクニカル分析が得意かによって偏っていくことも考えられますがどちらにせよ両方大切だと考えておいた方が良いでしょう。

決算書について

ファンダメンタルズ分析では企業の財務分析が欠かせません。財務分析では決算書を見ていく必要がありますが、ここでは決算書の基本的な内容について触れていきたいと思います。

決算発表と株価

決算発表と株価の関係について見ていきます。

決算書の作成時期

決算発表の前後では株価が大きく動くことがあります。決算書は決算日から1カ月程で提出され、2カ月程で決算発表されます。決算日は企業毎に定められており、四季報等で確認することができます。四季報では決算月と表示されていますが、多くの企業が3月であれば3月31日を決算日とするなど、月末を決算日として設定しています。また、上場企業の8割程が3月を決算月としています。

決算発表後の株価

株価は通常業績が良いと上がり、業績が悪いと下がるものです。投資初心者にとって勘違いしやすいところなのですが、決算発表で良い内容の発表がされたとしても株価が大きく上昇することは稀です。これは、決算発表前にすでに好業績の影響が株価に織り込まれていることがほとんどだからです。

決算発表前に予測されていた業績よりも企業の業績が大幅に良い、又は大幅に悪い業績であった場合には株価が上下する可能性もあります。決算発表では、事前に予測されている内容やすでに公開されている情報を把握した上でその影響が株価に織り込まれているかどうかを予測する必要があります。

決算発表の資料の内訳

決算発表で発表される決算書は貸借対照表(B/S)損益計算書(P/L)と呼ばれる2つの表がメインです。これらは財務諸表とも呼ばれます。

貸借対対照表

貸借対照表(B/S)は企業の資産の状況を表にしたもので、現金や不動産等の資産、借入金等の負債、資産家から集めたお金等の資本から成り立っています。貸借対照表では資産=負債+資本という式が成り立ちます。資産が増えるということは、基本的には借金をするか、増資をするか、企業活動で生まれた利益を資本に組み入れるかのいずれかの結果を示しています。

貸借対照表では自己資本比率と呼ばれる、他人資本も含めた総資本に対する、自己資本の比率を確認することを最初に覚えましょう。

自己資本比率=自己資本÷総資本(自己資本+他人資本)

自己資本比率が高い企業は安定した経営を行っており、つぶれにくい企業であることが分かります。一般的には自己資本比率は高ければ高い程良いとされますが、借入できる余力がありながら借入をしていないのであれば拡大を嫌う企業であると予想することもできます。

損益計算書

損益計算書(P/L)は、一定期間(多くが1年単位)の収益と費用の関係を表にしたものです。損益計算書では、1年間で得られた売上の総利益や、人件費等管理費を差し引いた営業利益、そこから借入金利息等の営業外損益を差し引いた経常利益等を確認することができます。さらに経常利益から不動産や設備の売却や減価償却、災害による損失などの特別損益を差し引き、税金を支払うと当期純利益が算出され、その当期純利益から配当金や次年度に持ち越す内部留保などを算出します。この内部留保は貸借対照表の資本に組み入れられることになります。

  • 売上総利益(粗利益)=売上高-売上原価
  • 営業利益=売上総利益-販売費および一般管理費(人件費や家賃など)
  • 経常利益=営業利益+営業外損益(借入金の利息等)
  • 税引き前当期純利益=経常利益+特別損失(固定資産の売却や減価償却、災害等)
  • 当期純利益=税引き前当期純利益-法人税等

損益計算書では、上記の5つの段階を理解しておくことが大切です。

たとえば、去年の利益が1億円あったのに今年は1,000万円の赤字となってしまったという場合でも、それが特別損失である災害損失が原因であれば次年度は回復することが予想できます。この場合、経常利益の額が去年と同程度かそれ以上であれば問題ないと判断できます。

逆に、今年の当期記純利益が3億円であったとしても、今年大きな不動産を処分している場合等には注意して見る必要があります。

決算と配当

決算で利益が確定されると、その利益を元に配当金が決められます。配当を受けるには、権利確定日(3月31日等、決算日が多い)の5営業日前まで株を持っている必要があります。配当金を実際に受けられるのは株主総会の後ですが、権利確定日に株を所有していればその後売却しても良く、権利確定日の次の日のことを権利落ち日と呼びます。権利落ち日には株価が下降しますが、その下降分は配当金分と同程度であることが予想できます。

決算書はIR情報のページで確認できる

決算書は決算発表時に配布され、その企業のホームページに掲載されます。ホームページでIR情報と書かれたページを探しましょう。また、その企業が上場している証券取引所のサイトで確認することもできます。

ファンダメンタルズ分析の指標

ここでは、ファンダメンタルズ分析で利用する指標について説明します。

BPSとPBR

ファンダメンタルズ分析で覚えておくべき指標にBPSPBRがあります。

BPS(Book-valuePerShare)とは1株あたり純資産(自己資本)と呼び変えることができるもので、以下の式で計算することができます。

BPS=純資産(自己資本)÷発行済株式数

BPSが高ければ高い程純資産(自己資本)の割合が高く、企業の安定性が高いことになります。

さらに、BPSを株価で割ることで株価純資産倍率と呼ばれるPBR(PriceBook-valueRatio)を求めることができます。

PBR=株価÷BPS

PBRは株式市場が評価した額(=株価)が、純資産の何倍であるかを示す指標で、PBRが1以下だと現在の株価は割安、1以上だと現在の株価は割高であると見ることができます。一般的にPBRが1以下になることは珍しく、PBR=1程度が株価の下限と考えて投資判断をします。

Sponsored Link