ローソク足チャートの読み方・使い方

株式投資をするのであれば株価を示すチャートを読める能力が必要です。現在証券会社で見られるチャートのほとんどがローソク足チャートです。まずはローソク足の基礎を押さえることが株式投資上達への近道だといえるでしょう。今回はローソク足の基本的な読み方・使い方についてご説明します。

ローソク足とは

ローソク足とは、日本で最もポピュラーなチャートで、株価だけでなくFXでも同じものが使われます。ローソク足は始値・終値・高値・安値の4つの値を使用して表されます。

ローソク足

1日や1週間、1カ月など一定期間の間で一番高かった株価を高値期間内の最後の株価を終値期間内の最初の株価を始値期間内で一番安かった株価を安値で表示します。終値と始値で囲まれた真ん中の四角がローソクのようにみえることからローソク足と呼ばれます。

このローソクのように見えるところを柱(実体)と呼び、終値から高値までの部分を上ヒゲ始値から安値までの部分を下ヒゲと呼びます。

柱

また、始値よりも終値の方が高いものを陽線といい、上記のように白塗りで表示されますが、始値よりも終値の方が安いものを陰線と呼び、黒塗りで表示されます。

陰線と陽線

ローソク足は何に使うのか

ローソク足の見方を理解することができれば、1本のローソクの色や形を見るだけで株価の動きを知ることができますし、また現在の銘柄のトレンドを想像することができるようになります。陰線は始値に対し終値が安い物、陽線は始値に対して終値が高い物なので、上昇相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。

さらに、ローソク足の柱(実体)の上についた線を上ヒゲ、下についた線を下ヒゲと呼びますが、このヒゲの長さで上昇や下降の傾向の強さを測ることもできます。また、上ヒゲも下ヒゲもついていないローソク足のことを丸坊主柱(実体)のないものを星と呼びますが、これらも銘柄のトレンドを示す一つのサインとなります。

ローソク足の種類

ローソク足の形には、丸坊主や星以外にもさまざまなものがありますが、その内の一部を紹介します。

陽の丸坊主・陰の丸坊主

陽の丸坊主は丸坊主の一つの形で、上ヒゲも下ヒゲもなく、大きな陽線となっているパターンです。上にも下にもヒゲがないということは、始まりからぐんぐん上昇して、最後まで上がり続けたということが予想され、その銘柄は強い上昇傾向にあると見ることができます。

一方、陰の丸坊主は上ヒゲも下ヒゲもなく、大きな陰線となっているパターンです。強い下降傾向を示します。

カラカサ(陽線・陰線)

カラカサは、下ヒゲが非常に大きく、上ヒゲがなく、柱(実体)の小さなローソク足のことを指します。陽線の場合、下ヒゲが大きいので、一度大きく値を下げた後に上昇に転じたことを示します。安値圏で表われたら上昇のサイン高値圏で表われたら反落の可能性があります。陰線の場合、一度値を下げたものの、その後上昇に転じて下げ幅が減少したパターンです。陽線と同じく安値圏で表われたら上昇のサインとなります。

トンカチ(陽線・陰線)

トンカチは、カラカサの逆バージョン。上ヒゲがかなり大きく、柱(実体)は小さく、下ヒゲがないローソク足です。陽線の場合、一度は大きく値を上げた後に上げ幅が縮小されたことを示します。高値圏で表われたら下降する可能性があります。陰線の場合、大きく上昇したものの最終的には始値よりも下降してしまった形です。陽線と同じく高値圏で表われると下落のサインとなります。

複数のローソク足を分析する

ローソク足は単一のものでもトレンドを把握するのに役に立ちますが前後2つ以上のローソク足を組み合わせるとより精度の高い分析をすることができます。

2つのローソク足の組み合わせ

2つのローソク足の組み合わせを見てトレンドを判断することができます。

不連続線

不連続線とは、前後2つのローソク足が重なっておらず、値を飛ばして並んでいるものです。上方向に飛んでいると強い上昇傾向、下方向に飛んでいると強い下降傾向を示し、相場の変化時に表われることが多いです。

不連続線

連続線

前後で重なっているローソク足のことを連続線と呼びますが、その重なり方を現在の相場の判断材料とすることができます。たとえば、大きいローソク足の後に小さいローソク足がおさまっている形をはらみと呼び、その逆に小さいローソク足が、後の大きいローソク足につつまれている形をつつみと呼びます。

はらみつつみ

はらみは、高値圏で陽線が引けた翌日にあらわれると、売りサイン、安値圏で陰線のはらみが表われた場合には買いサインとなります。またおなじはらみでも、陽線の中に陽線がはらまれていたり、陰線の中に陰線がはらまれていたりすると、転換のサインとなります。

一方、つつみは天井圏や底値圏であらわれることが多く、天井圏や底値圏でつつみがあらわれると転換のサインとなります。

複数のローソク足の組み合わせ

複数のローソク足を見てトレンドの判断をすることもできます。たとえば、上記のはらみの場合、大きな陽線の後に複数の小さな陽陰線がはらまれている場合には、それだけ強いサインとなります。また、買いや売りの判断にはたくさんの形が存在します。

三川明けの明星

三川明けの明星は、底値圏の陰線の後、下に値の飛んだ不連続線の陽線が表われ、その後上昇した陽線が表われる形のことを指します。三川明けの明星は下落局面にあった相場が、均衡し、次いで上昇局面に転換する形で、強い買いサインとなります。三川明けの明星は3つのローソク足を見て判断しますが、ただの買いサインではなく、その後上昇局面に入ることを示唆させる形です。

三川宵の明星

三川宵の明星は、三川明けの明星の逆パターンです。上昇局面で出現した長い陽線の翌日に、不連続線となる陽陰線が表われ、その後下落した陽陰線が表われる形のことを指し、強い売りシグナルとなります。

三空叩き込み

不連続線で空く間のことを空と呼びますが、三空叩き込みは、4つの不連続線が同じ方向に並び、3つの空が並ぶ形のことを指します。上昇して3連続で空を開けた場合には売りサイン、下落して3連続で空を開けた場合には買いサインとなります。

大底・天井圏のローソク足

買いサインや売りサインだけでなく、大底や天井を表すローソク足の形もあります。

赤三兵・黒三兵

底値圏で陽線が出現した翌日、その終値が前日の終値よりも高い形が3日続いた形を赤三兵といい、大きな上げ相場の初期段階を示します。同じ赤三兵でも底値圏で表われていることが大切で、高値圏で出現した赤三兵は天井が近いことを示す場合もあります。

一方、黒三兵は、前日の終値よりも低い陰線が3日続いた形のことをいいます。黒三兵は三羽烏(さんばがらす)とも呼ばれ、天井圏で表われた場合には下落相場への転換を示します。

三つ星

始値と終値が同じ価格で、柱(実体)がないローソク足を星と呼び、星自体が転換のシグナルとなりますが、三つ星は柱(実体)の小さなローソク足が3つ続いた形のことを指します。三つ星は底値圏を示し、下げが続いた後に表れると買いサインとなります。三つ星は底値圏と買いサインを示し、またその後の上昇トレンドも示唆します。

窓埋めの法則

不連続線の、空いた間のことを空と呼びますが、この空のことを窓とも呼びます。窓埋めの法則は、この窓を埋める形で3つめのローソク足が表われる形のことを指します。底値圏で陰線が表われた後、不連続線の陰線が続き、この次の日に窓を埋める形で大きな陽線が表われると底値圏を示唆します。一方、高値圏で陽線が表われ、その次の日に不連続線の陽線が表われた後、その窓を埋める形で大きな陰線が表われると天井圏を示します。

証券会社のサイトで銘柄のチャートを眺めてみよう

ローソク足チャートの基本的な形を理解できたら、早速証券会社のサイトなどで銘柄のチャートを眺めてみましょう。最初は陽線や陰線の確認、連続線や不連続線の確認を行い、天井圏や底値圏で表われているサインを拾っていってみると良いでしょう。

しかし、実際にローソク足のパターンをチャートに当てはめてみるとぴったりと買いサインや売りサインになっていないパターンが意外と多いことに気づくかと思います。

ローソク足には、今回ご紹介したもの以外にもさまざまな形、パターンがあります。確かに、多くの投資家がローソク足チャートの基本的な内容を理解して、投資判断に利用していますが、ローソク足チャートはあくまでもテクニカル分析の1つの方法に過ぎず、単独で有効な投資判断ができるかというとそう簡単ではありません。

実際に投資をする際にはローソク足チャートだけでなく、移動平均線やMACDなど他のテクニカル分析と併用して行うとより精度の高い投資判断ができるでしょう。

ローソク足を実際のチャートに当てはめてみる

今回ご紹介した内容はローソク足チャートの基本的な内容です。一通り理解したら、是非実際のチャートで当てはめて考えてみましょう。また、できれば実際に投資をしながら活用してみると、買いサインや売りサインの意味が良く理解できるようになります

Sponsored Link