株を買うと下がる原因と究明

昔から自分が株を買うと必ず下がるという投資家はいつの世にも存在します。そういう投資家は、必ず共通項があります。

間違いないのはその投資家は株を買って、その株を損切りせざるを得なくなったからこういった「自分が株を買うと株が下がる」というのです。上がると思った株が下がる現象は、いざ目の前にすると不思議な気持ちになるものです。

今回はこの原因について究明していきたいと思います。

「株を買うと下がる」に対する考え方

「株を買うと下がる」という言葉には、「これから株価が上がることを期待したにもかかわらず下がってしまった」という落胆や疑問が含まれています。

残念ながら、「あなたの株式投資が下手くそだから悪い成績になる」これが真実です。買いだと思ったとき株価が下がってしまうので、不思議な感覚に囚われることがあると思います。

でも、違うのです。あなたが下手なだけなのです。つまり、マーケットは悪くも何もないのに、自分が株を買うと株が下がってしまうという、本質的な責任転嫁です。

そもそも株は、株主優待や配当を得ることもできますが、基本的には売買益を得ることが目的のマネーゲームです。売買益を得るためには、大多数の投資家が株を購入すると同時に売却する必要があります。

もし、「株を買って株価が下がってしまった」のならば、あなたは大多数の投資家のひとりに過ぎないということです。

株取引の結果責任に対しては他の誰かれのせいでもなく自分の責任と考えれば、自分が買ったのに株が下がるのは自分の責任でその理由は自分の下手くそさ加減にあるのだ、と認識したら頭にもきません。

あなたが株を買うと下がる理由

株を買うと下がる現象はITが普及する前から見受けられ、近年特に多い現象ではありません。人は自分が優秀だと思いたい性質を持っており、無意識に正当化しています。結果が負けであれば、自分の思考過程に疑問を持ち投資手法を変えるべきです

マーケットはよく孤独との戦いといいますが、そうではありません。常に自分の買いに合わせている売り手側の人間がいるのです。その売り手の気持ちを斟酌できなければ株で儲けることはできないのです。ですから、儲けられそうな株に安易に飛びついてはいけません。

その値段で買った根拠が存在する人間は自分が買った値段に自信を持っています。自分が買った根拠に対してその結果が間違っていたら、結果は自分の考え方が間違っていたという考えを持つのが当たり前であって、決して自分が買うと株が天井を打つというような言葉は決して発しません。

つまり、株を高値で掴まされたのは自分の責任であって、自分の買いの根拠が浅いからに他なりません。株取引の判断の軸を持ち、都度修正していく必要があります。

割安・割高を判断する軸を持つこと

為替や株、商品、債券というものに投資をする場合は、自分が算出した理論値を計算して出すのも手です。たとえば、ドル円レートの為替投資を考えてみましょう。

現在の為替の理論値、ドル円レートでの数値は1ドル=122.4円になります。つまり、これ以上円安ならドルを売り、これ以下ならドルを買います。一方で、ドル売りの方向性のポジションも大事にします。

この考え方をしていると、結果が悪くても、この値段が機能をしないときは自分の考えが間違っているという考え方になります。

口が裂けても自分が買ったときに下がるなんて野暮な言葉は発しません。なぜなら、自分の考えが間違っているのですから自分が悪いのを天下に知らしめることはしたくないからです。

つまり、あなたが株を買ったときそれは割高なのですか、割安なのですか、ということを考えなくてはいけません。

割安の時に買って、自分が買った瞬間に天井であっても時間が経過をすれば値段は上昇してくるという信念があればそんなことは微塵も思わないはずです。買った自分が悪いと自分を納得させることができます。

とはいえ、初心者の方は割安・割高の判断も難しいと思います。なので、まずは著名な株を購入し値動きを追う中で、株を選ぶ指標を育てる必要があります。

HFTという超高速のシステム取引

実は最近では、自分が買うと天井になる可能性があるHFTという超高速のシステム取引があります。つまり、あなたが大量に発注して買おうとする前に買い、買った瞬間に手じまいをするシステム取引がアルゴリズムという取引になります。

ただし、この売買は大量売買をする機関投資家に対して行われる行為ですので、普通の零細な投資家にはそんなことは一切関係ありません。こういったことに対して言い訳するよりも自分の腕を磨くことが先決です。