株式投資のボックス理論について

株式投資のテクニカル手法の一つに、ボックス理論があります。ボックス理論は、投資初心者にとっても理解がしやすく、またローリターンながらもローリスクな投資手法なため、投資初心者が最初に取り組む手法としてはおすすめの方法です。

ボックス理論とは

ボックス理論とは、株式投資やFXのチャート分析に用いられる理論で、一定の変動の範囲内で価格が上下する相場(=ボックス相場)における売買戦略のことを指します。ハンガリー生まれの投資家ニコラス・ダーバスにより考案されました。

ボックス相場とは

ボックス相場とは、マーケット全般で、用いられる用語でレンジ相場とも呼ばれるものです。ボックス相場は一定の変動幅の範囲内で価格の上下を繰り返す相場のことを指し、これが、相場が箱の中に閉じ込められたかのように見えることからボックス相場と呼ばれます。具体的には、高値圏である上値抵抗線(レジスタンス)と安値圏である下値支持線(サポート)に挟まれた値幅内で価格が推移する形になります。

一般に相場の先行きを決定する材料が少ない時や相場の先行きが不透明なときにボックス相場となりやすいといわれています。運用にあたってはテクニカル分析を行い、ボックス相場の下限(サポート)で購入し、上限(レジスタンス)で売却する手法を用いますが、相場を抜けた場合には新たなトレンドが発生することがあるため、大きな損失を出さないようにするため損切り逆指値注文(=ストップロス)を置いておくことが重要となります。

ボックス相場内で投資することを、ボックス圏投資法とも呼びます。

ボックス理論の投資行動

ボックス理論の投資行動は簡単です。ボックス相場が形成されている状態で、高値圏である上値抵抗線(レジスタンス)で売り、安値圏である下値支持線(サポート)で買いを繰り返すだけです。

ボックス
株式投資では通常、上下を繰り返す中で、自然と下限と上限が形成され、大半の時間はその中をゆらゆらと動いているだけであり、一度そのボックス圏から離れるとまた新しい水準で上下を繰り返し、新しいボックスを形成する、というのがボックス理論の基本的な考え方です。

また、ボックス圏を上に離れた場合も、そのまま急上昇することは少なく、上下を繰り返しながら上昇トレンドをつくっていきます。ボックス理論では、一度ボックス圏を上に離れた後、もう一度前のボックスのレジスタンスまで下がったところが買いポイントとなります(この動きのことを、リターンムーブと呼びます)。

トレンドライン

株価がレジスタンスより上に出た場合は上昇トレンド(上昇相場)に、サポートより下に抜けた場合は下降トレンド(下降相場)の形成が予測されます。ボックス相場と同様、上昇・下降トレンドともに一定の値幅内で株価が推移していきます。値幅内の高値圏である上値抵抗線(レジスタンス)と安値圏である下値支持線(サポート)はトレンドラインと呼ばれています。

ボックス理論で気を付けること

ボックス理論で気を付けることは、レジスタンスからサポートまでのレンジの幅です。株式投資には売買手数料がかかりますがボックス理論のように小さな利幅の中で売買を繰り返すと、レンジの幅が少ない場合には売買手数料分負けてしまう可能性があるのです。

>>証券会社の売買手数料を比較してみる

ボックス理論とブレイクアウト手法

一般に、株か安値で買い、高値で売ることで利益を出します。そのため、一般に株は右肩上がりでなければ儲からないと考えがちですが、ボックス理論を知っていれば相場の持ち合い時にも利益を出すことができます。

また、先にお伝えしたようにボックス理論では、「一定の値幅で株価が動く」こと以外にも「何らかのきっかけで株価が上離れた場合には、上昇が加速するケースが多い」こと、さらに、上離れた先で新しいボックス相場を形成することが多く、この時の値幅は以前と同じで推移することが多い、といった習性があります。

ブレイクアウト手法

ボックス理論を活用する際もう一つ覚えておきたいのがブレイクアウト手法についてです。ブレイクアウト手法とは、過去数日間の最高値を更新すれば買う、という売買手法です。逆に、過去数日の安値を更新したら売ることをブレイクダウンと言います。

ブレイクアウトしそうな銘柄を探す

ブレイクアウト手法では、「現在はもみ合っているが、今後ブレイクアウトしそうな銘柄」を探すことから始めます。ブレイクアウトする日に出来高が大きく上昇する習性を利用し、出来高の推移を確認していきます。ブレイクアウトしてからしばらくは、株価も出来高も以前より高い水準を維持する傾向にあります。

板を確認する

株の売買は株を買いたい人の注文と株を売りたい人の注文が一致した時に成立するものですが、とは、買いたい人の売数量、売値、買いたい人の買数量、買値が書かれたもののことを指します。この板に多くの注文が書かれていれば活発に取引されている銘柄と見ることができます。

ブレイクアウト手法においては、銘柄のレジスタンス上にある程度の売り注文があるかどうかを確認することになります。

騙しもある

ブレイクアウト手法は良く知られた手法のため、出来高を確認して、板を確認してブレイクアウトしそうな銘柄を見つけたとしても、その状況が誰かによってつくられた「騙し」であることもあります。そのためブレイクアウト手法では常にストップロスの準備をしておく必要があります。

ボックス理論で必要なルールは2つだけ

ボックス理論はボックスの下で買い、ボックスの上で売るという単純なルールであるため、初心者にとっても取り組みやすい投資法です。ボックスの範囲内での投資のため、ブレイクアウトやブレイクダウン時には損切りをするというルールをしっかり守れば損失も最小限に留めることができます。

ボックス理論で投資を行うにあたって気を付けたいルールは2つです。

  1. ボックスの下値(サポート)で買い、ボックスの上値(レジスタンス)で売る。
  2. ボックスの下値(サポート)を下回ったら、損切りをする。

この2つを忠実に守るだけで、大きな損失を出すことはなくなるでしょう。特に、2つめのルールを守れるかどうかが重要になります。ボックスの下値(サポート)を下回るということはブレイクダウンが始まる可能性があります。ブレイクダウンは、ブレイクダウン時には株価が大きく下落するだけでなく、下落トレンドの始まりとなることが多いです。少しでもボックスの下値を下回ったら損切りをするくらいの気持ちが大切です。

ボックス理論とテクニカル分析

株式投資の、投資判断の手法にはファンダメンタル分析テクニカル分析の2つがありますが、ボックス理論ではファンダメンタル分析はほとんど関係ありません。実際、ボックスの上で買い、ボックスの下で売る、ということを繰り返すだけなのでテクニカル分析を使う必要もないともいえます。

とはいえ、ボックス理論とテクニカル分析を組み合わせることでより多くの売りサイン、買いサインを拾うことができるようになります。

ローソク足チャート分析

ボックス理論と相性が良く、かつ初心者向けの方法はローソク足チャート分析を併用する方法です。ローソク足チャートは、高値、終値、始値、安値の4つの数値を示したローソク足を用いて、前日より終値が高い場合を陽線として白抜きであらわし、前日よりも終値が安い場合を陰線として黒塗りであらわしたものです。

ローソク足チャート分析では前後数日間のローソク足チャートの動きを分析して売りサインや買いサインを探します。ローソク足チャート分析は、単体では正確な分析が難しい場合もありますが、基本的な項目をマスターして、ボックス理論や、ブレイクアウト手法と併用すると良いでしょう。

ボックス理論はローリスクローリターン

ボックス理論は投資手法として単純であり、ルールを守って投資すれば限られたリスクの中で投資をすることができる手法です。とはいえ、ローリスクローリターンな投資手法であるともいえるため、利益も限定的です。基本をマスターして、他の分析手法と併せて活用していくと良いでしょう。

Sponsored Link