初心者の資金が30万円の時の株の投資法

株式投資は数万円から投資が可能ですが、投資を始めるには30万円程度は必要です。株式を買うときに必要な単位を1単元といいますが、1単元買うにも30万円程度無いと選択の幅が狭くなってしまうのです。

たとえば、株価3000円の銘柄で100株が1単元の場合には30万円で買うことができます。

まずは、最初の投資を30万円から初めてそれを減らさない運用を心がけると良いでしょう。30万円というのは信用取引の最低資金量ですから、順調に資産を増やすことができれば信用取引口座開設をしてハイリスクの投資も実践していけるようになります。

最初は、資産を安定運用する実績を少額投資から始めましょう。

30万円をどのように資金配分するのか

30万円あれば現物取引信用取引投資信託などが選択肢となりますが、信用取引はリスクの高い投資なので、初心者で30万円の投資金額であれば現物株式か投資信託のどちらかで始めることになります。

まずは現物取引から

もっともポピュラーな投資は現物取引です。数千銘柄から好きな株式を選べるという点で、個人投資家それぞれの見識を生かせます。プロ投資家との運用競争も負けない分野がそれぞれあるはずです。

個人投資家の見識がプロ投資家を上回る投資実績を上げるのは珍しくないことです。たとえば、自分の得意なサービス業や通信業の知見を活かして最初からもうけてしまう投資家がいるのは事実です。

自分なりのシナリオを作って、将来有望な会社に投資してみましょう。

現物取引発展形のIPO投資

今まで売りに出されていなかった株が初めて市場に公開される株もあります。新規に公開される銘柄に投資することをIPO(新規公開銘柄)投資といいます。IPO銘柄は年間では50~100銘柄程度出てきますが、最初に株を手にするには証券会社が募集する抽選に参加しなければなりません。

抽選に参加する方法は簡単です。銘柄によって仮条件が設定されているので、仮条件の上限で買い注文を入れておけば抽選の参加資格が得られます。最低投資資金を30万円口座に入金しておけば、多くの銘柄のIPO投資に参加できますからIPO狙いの抽選のみに参加し続けるというのも悪くはない投資戦略です。

IPO投資は人気が高い銘柄は抽選の倍率も高いですが、2倍~3倍に株価が上昇することは珍しくありません。抽選に外れた場合には損失はゼロですから、抽選に参加し続けることはローリスク・ハイリターンの人には教えたくない投資戦略といえます。

もちろん、抽選に当たったからといってすべてが上昇する銘柄ではありません。事前に上昇しやすい業種かどうかは最低限調べるようにしましょう。

専門家が運用する投資信託

投資信託は投資家から資金を集めて専門家が投資・運用する金融商品で、運用益を投資家に分配する形をとります。リスク商品への投資になりますので元本を割り込む可能性もありますが、専門家が運用することで投資家自らが運用するよりも大きなリターンを狙うものです。

投資信託は運用対象が様々ですが、株式・債権・不動産などに投資するタイプのものが多いです。

投資信託の商品については多様なので、購入するかどうかは別にしても、どのような商品が販売されているかをチェックしておくと勉強になるはずです。

もし、30万円からの投資で投資信託を選ぶのであれば、不動産投資信託(REIT)がお勧めです。投資信託で集めた資金を不動産に投資し、そのリターンを投資家に分配する投資商品をREITといいますが、現状利回りは3~4%程度です。

不動産市況の影響を受ける投資商品ですが、安定的な利回りは魅力的ですし、東京オリンピックまではそれほど大きな落ち込みは無いと予想されます。

ネット証券の選び方

証券会社に口座を開いていない人や1社のみの証券会社しか口座を開いていない人は複数の証券会社口座を開設しておきましょう。メインで取引するのは1つの証券会社で構いませんが、システムトラブルで取引ができなくなった時のバックアップとして2つ以上の証券会社に口座を開設しておきましょう。

また、IPO投資を考えている方は複数の証券会社に口座を開いておくことで抽選に当たりやすくなる場合もありますから、下記に挙げるネット証券のいくつかには口座開設しておいて損は無いです。

取引手数料 IPO投資 サポート
SBI証券
マネックス証券
松井証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
東海東京証券
ライブスター証券

☆・・・最高評価
○・・・高評価
△・・・平均的評価

取引手数料だけで選ぶなら松井証券とライブスター証券

取引手数料(売買手数料)部門では松井証券とライブスター証券に最高評価です。松井証券は10万円以下の現物取引の取引手数料無料ということを打ち出している点で30万から始める投資家にはお得な証券です。「手数料無料でやっていけるのか?」という点については、そこではもうけるつもりはない、ということなのでしょう。

ライブスター証券は10万円以下では手数料80円ということですが、10万円以上の料金水準が業界最安の水準なので、松井証券と同様に最高評価です。

IPO投資で選ぶならマネックス証券

IPO投資部門は取り扱い銘柄の多い3社からマネックス証券が最高評価です。取り扱い銘柄数はSBI証券の方が多いものの、マネックス証券は100%完全抽選制となっているので非常に公平なところを評価したいです。

どうしても、IPO投資となるとどれぐらいの資金を預けているか、手数料をどれぐらい落としているかなど、大口個人投資家に有利になりがちです。その点マネックス証券はそうした商売にからむ部分を排除してくれているので30万円から始める投資家としては安心の証券会社です。

また、どちらかというとマネックス証券の方が開設口座数は少ないので、抽選になっても競争率が高くないということもIPO抽選という面では魅力的です。

IPO投資で確認しておきたいのは「主幹事」がどこかです。IPOで証券会社が「主幹事」に選定されると、その証券会社から8割程度の割り当てが可能になるため、主幹事証券会社でIPOの抽選に参加すると抽選に当たりやすくなります。

SBI証券や岡三証券が数は少ないながらも主幹事を務めることがありますので、有利な状況でIPOの抽選に参加するようにしましょう。

サポートで選ぶなら東京東海証券

サポート部門は全国に支店を展開しているバックボーンがあり対面取引もできる証券会社のうち、女性向け投資セミナーなども積極的に行っている東京東海証券を最高評価としました。

なお、他の証券会社も電話サポートはきちんとしているので、大きな違いはありませんが、証券営業の方と直接お話ができるという点では東京東海証券の安心感が勝る状況です。

最初は株式から投資を始めたい

30万円から始める株式投資の場合、まずは現物取引で取引を始めるのがお勧めです。買った銘柄の値動きとニュースを突き合わせることで株価がどのように動くかを勉強していけば将来もうけられるようになります。

投資信託ですと日々の価格は分かりますが、詳細な取引の結果を教えてくれるわけではありませんから、完全に他人任せになります。他人任せではいつまでも初心者を脱することはできませんから、投資信託は別の機会に運用を検討するようにしてください。

ここでおすすめ銘柄を提案したいところですが、まずは自分の頭で考えてみることが大切です。そこで、お勧め銘柄を提案する代わりに、投資家として必要なことを一つお伝えしておきます。

銘柄選定は個人個人が自由に考えて決めればよいのですが、それを選択するに至った理由をノートなり、ブログなりに書いておくことです。その選択した銘柄が上がるかということも重要ですが、投資家として必要なことを考えていたか、株を売る前に見返してみましょう。

投資は①仮説を立てて銘柄を決定し、②取引を実行し、③結果を検証する、④検証結果を次の銘柄選択に生かす、というサイクルの繰り返しです。このサイクルをきちんと回せる投資家が最終的には勝つことになるのです。