初心者の資金が1万円の時の株の投資法

株式投資をやりたいとは思っているものの、二の足を踏んでいる人の中には、株式投資に必要な最低額を知って諦めた、という経験を持っている人も多いのではないでしょうか。たとえば、ユニクロで有名なファーストリテイリングの株を購入しようと思えば、300万円以上の資金が必要になります。最低必要な資金が300万円以上と聞くと、株式投資はお金持ちにしかできないものだ、というイメージを持ってしまうことでしょう。

しかし、今回お伝えする方法を知れば、1万円からでも株式投資を始めることができます。

初心者として1万円から始める

インターネットやテレビで株価のニュースをみていると、1株数百円で売られている銘柄もあることに気づくと思います。しかし、株式を購入する際には最低売買単元(100株から購入可能など)が定められており、たとえば株価300円の銘柄の最低売買単元が1000株であった場合には、1口30万円の資金が必要となります。

1回の投資で30万円となると、初心者にとっては少し敷居が高く感じてしまいますよね。そのため、いくつかのネット証券ではミニ株という、もっと少額で取引できる制度が設けられています。

単位株制度と単元株制度

株式投資に必要な資金は「株価×株式数」です。ここでは、株式数を決める制度である単位株制度と単元株制度について説明します。

過去、株式の売買においては単位株制度という制度が利用されていました。単位株制度とは、額面金額を5万円として1株の額面金額で割った金額を1単位の株式数と定め、議決権を行使するための売買単位とした制度です。

たとえば、額面が50円なら1,000株、500円なら100株が最低売買単位という形です。

この単位株制度は2001年に廃止され、代わりに単元株制度が導入されました。単元株制度では株式の額面は廃止され、発行企業が最低売買単位を設定できるようになりました。単元株制度は、売買単位を引き下げることにより、個人投資家が少額の資金でも投資できるようにすることを目的として導入されたものです。

ただ、少額の投資家が増えることで企業の負担が増えるなどの問題もあり、結果として最低売買単位を引き下げない企業も多くなっています。

ミニ株サービスを利用する

売買単位の引き下げを目的として導入された単元株制度ですが、実際に売買単位を引き下げるかどうかは、発行企業が自由に決めることができます。また、売買単位を下げたとしても株価が高い企業の株は依然として高いままです。

こうした中で、SBI証券やマネックス証券、カブドットコム証券の3つのネット証券ではミニ株サービスというサービスの利用が可能となっており、特にマネックス証券のワン株は、1万円以内の取引であれば株式売買手数料を最も安く済ませることができます。

ミニ株を取り扱うネット証券会社(株式売買手数料の金額は税抜)

証券会社 ミニ株の名称 株式売買手数料 備考
2,000円 5,000円 1万円
SBI証券 S株 50円 50円 50円 約定代金の0.5%(税抜)
(最低手数料50円)
マネックス証券 ワン株 48円 48円 50円 約定代金の0.5%(税抜)
(最低手数料48円)
カブドットコム証券 プチ株 100円 100円 100円 約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加ごとに67円加算

ミニ株サービスは、購入に必要な最低売買単位以下でも株の取引ができるようにしたものです。この場合の最低取引数はネット証券によって異なりますが、1株から購入できる場合もあります。ミニ株サービスを利用すれば、売買単位の多い銘柄でも、株価の高い銘柄でも、1万円からでも投資を始めることができます。

株価の安い低位株を狙う

ミニ株サービスを利用しない場合でも、株価が2桁台で最低売買単位が100株の銘柄であれば、1万円以下で投資を始めることができます。実際に銘柄を探してみるとこうした銘柄はいくつかありますが、業績が厳しい企業も多く、赤字の銘柄も多い点には注意が必要です。

資金が1万円のときにおすすめの投資法

資金が1万円のときに始める方法としては、ミニ株サービスを利用する場合、低位株を狙う場合の2つがあります。

ミニ株サービスを利用する場合

ミニ株サービスは最低売買単位数に満たない数で株式の取引を行うサービスですが、配当も株式数に受けられることができるなど、基本的には通常の株式取引と同じと考えて問題ありません。

ただし、ミニ株サービスはミニ株を購入する人が複数人集まり、最低売買単位に達した時点で単元株として用いられるという性質のもののため、株式の名義は証券会社となります。

また、上記の理由のためミニ株の売買は申込を行った時ではなく、通常翌日の寄り付きの段階での売買成立となるため、株式を買いたいタイミングで買えないという点に注意が必要です。

低位株を狙う場合

通常の購入方法でも、株価が2桁で最低売買単位が100株の銘柄の場合資金1万円から投資を始めることができます。ただし、株価が2桁の銘柄は業績が悪いことが多く、他の銘柄と比べると上場廃止リスクや倒産リスクに注意が必要です。こうした低位株の中でも、配当を得られる銘柄もあるので配当狙いで購入するのも良いでしょう。

資金が1万円の時の投資で気をつけること

株式投資に限らず、投資は大きな元本がないと利益が出にくいものですが、少額投資では以下のことに気を付けて取り組むと良いでしょう。

利益よりも利益率

株価500円の株式が700円に上昇した場合、最低売買単位が100株であれば2万円、1000株であれば20万円の利益ですが、1株のみの保有であれば200円の利益です。しかし、投資元本からの利益率でみると、両方とも同じ40%の利益率となります。このように少額投資では利益よりも利益率に目を向けて、徐々に投資額や投資銘柄を増やしていくという方法を採ると良いでしょう。

低い手数料が追い風

ネット証券の売買手数料が100円前後のものも多くある中、松井証券は10万円以下の取引であれば売買手数料が無料です。以前であれば証券会社に支払う手数料で利益率が圧迫されていましたが、こうしたネット証券の登場により少額でも投資を始めることができるようになっています。

少額投資でスキルアップしよう

投資は、ただ投資していれば利益を出せるというものではなく、知識と経験を身につけて始めてスタート地点に立てるものだといえるでしょう。少額投資は少額とはいえ実際に自分のお金をかけるため、知識と経験を身に着けるのに役立ちます。具体的には、少額投資で以下の2つを学ぶことができます。

リスク管理能力

少額投資であれば最初は1万円で始めた投資であっても、投資による利益や自己資金を投入することで簡単に2銘柄、3銘柄と増やしていくことができます。そうして投資銘柄を増やしていく過程で、銘柄選びや利益確定のポイント、損切りのポイントなどを学ぶことができます。

投資経験

上記と同じ理由により、少額投資では、少ない資金で多くの投資経験を積むことができます。たとえば30万円の資産を株式投資に充てることを考えた場合、通常の株式投資では2銘柄、多くて3銘柄が限度でしょう。しかし、1万円以下で買える銘柄に絞った少額投資であれば30銘柄への投資も可能です。

株式投資ではファンダメンタルズ分析テクニカル分析など、机上で勉強することも多くありますが、実戦ではそれらが複合して、また形を変えて利用されることが多いものです。それらは実戦を積まなければなかなか習得が難しいもの。少額投資では少ない資金で多くの実践経験を積むことができます。

1万円の資産でも株式投資を始められる

単元株制度の導入やネット証券の登場により、資産1万円からでも株式投資を始められるようになりました。少額投資と呼ばれるこれらの方法でも、通常の株式投資とほとんど変わらない形での投資をすることができ、実際に利益を生み出すことも可能です。少額投資経験を積みながら、資産を増やし、徐々に投資額と利益を増やしていくと良いでしょう。

Sponsored Link